【2021最新版】ブロックチェーンの種類を紹介します!

今回はブロックチェーンの種類について、皆さんにわかりやすく説明していきます。

BLOCK CHAIN

今回はブロックチェーンの種類について、皆さんにわかりやすく説明していきます。

ブロックチェーンには大きく分けて三つの種類に分類できます。
中には、ブロックチェーンの特徴として、管理者が存在しないことが前提とされていましたがこのたび紹介する三種のブロックチェーンの中には、管理者が存在するものもあるので皆さんに少しでも、知って頂けたら幸いです。

また、これからご紹介する三種のブロックチェーンに数多くの組織や、企業から各々ブロックチェーンが提供されている為その配置関係(ノード配置)やメリット、デメリット、特性も踏まえて皆さんに知っていただけたら幸いです。

パブリックブロックチェーンとは?

パブリックチェーンを形成するネットワークは、誰でも自由に参加可能であることから、全体の母数が不明であり、悪意を持つノードもネットワークに参加している可能性があります。

特徴

  • 管理者の有無:無し
  • 参加者:不特定多数
  • 利用料が発生する。

利用料に関して、代表的なものがビットコイン、イーサリアム、など仮想通貨があり仮想通貨を受けの渡しに際して手数料が発生致します。

  • ノードの配置:世界中全ての人がノードを持てる
  • 用途:暗号資産サービスを作る場合は不特定多数向け、パブリックブロックチェーンを使います。

コンソーシアムブロックチェーンとは?

複数の企業や組織によって形成され、こちらのブロックチェーンの参加には承認者の許可が必要です。
人によってはエンタープライズと呼ばれています。

特徴

  • 管理者の有無:有り
  • 参加者:特定多数

コンソーシアムブロックチェーに参加するには、管理者に了承を得る必要あります。

  • 利用料金:基本的には無料
  • ノードの配置:各々の企業がノードを持って情報を共有する。
  • 用途:主にBtoB(企業間)での契約等に使われる。企業間での取引では、秘匿性が高いデータが多いのでパブリックよりかは閉鎖的な
  • コンソーシアムを使います。

プライベートチェーンとは?

専用で使うチェーンになり、共有という意味ではあまり効果を発揮されないブロックチェーン
実質は、パブリックとコンソーシアムこの2種類がブロックチェーンの大別となります。

特徴

  • 管理者有り
  • 参加者は個人or企業
  • 利用料は無料
  • ノードの配置:一つの組織が何個かのノードを立てて情報を共有する。
  • プライベートはそもそもブロックチェーンの特性を正直、消してしまっているので実用性は正直、高くないです。※ただ、エキシビションやプレに使われ本番前の試験的な使われ方をすることが多いのがプライベートになります。

パブリックブロックチェーンの代表例「Ethereum」(イーサリアム)

パブリックブロックチェーンで代用的なブロックチェーンといえば「Ethereum」(イーサリアム)になります。

ヴィタリック・ブテリン氏が19歳のときに考案した「Ethereum」(イーサリアム)は、Etherという暗号資産が使われており、こちらの資産を利用する場合Etherを利用料として支払う仕組みです。

そして、何よりの特性として※1スマートコントラクトが載せられる一番有名なブロックチェーンになります!
※1スマートコントラクト:自動販売機の様に利用者がお金を入れ、ボタンを押すと利用者が直接商品を購入することで売買契約が成立します。この一連の売買契約をスマートコントラクトは、決められたプログラムに沿って契約内容を自動で実行するものです。

コンソーシアムブロックチェーンの代表例Corda

Cordaはアメリカのニューヨークにある企業「R3」(R3CEV LLC)金融への2014年に設立しました。

プライバシーの確保の目的と、二重消費といった不正を防ぐ仕組みが特徴的で日本でも有名な「みずほ銀行」など、200以上の企業が参加しています。

全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事