【知らないと損する?】ブロックチェーンの仕組みを徹底解説!!

近年、「ブロックチェーン」というワードを目にする機会は多くなりました。
おそらく聞いたことがないという人はごく少数かと思います。
しかし、聞いたことはあるけど、いまいちよく分からないという方は多いのではないでしょうか?
この記事では、ブロックチェーン事業を展開する企業がどこよりもわかりやすく「ブロックチェーンとは何か」紹介していきます。

BLOCK CHAIN

ブロックチェーンは、「暗号化技術を用いて取引情報をユーザー同士で管理することができるようにする技術」です。

ブロックチェーンの仕組み

最初に記載したようにブロックチェーンは、「暗号化技術を用いて取引情報をユーザー同士で管理することができるようにする技術」です。

従来のように取引を金融機関が管理するのではなく、全てのユーザーが取引を閲覧できるという、革新的な状況を作り技術で、過去の取引などの情報をチェーンのようにつなぎ合わせ、特定の情報のみ暗号化できる技術がブロックチェーンです。

ブロックチェーン技術の概要を理解して頂いたので続いて、ブロックチェーン技術の特徴についてもう少し深く説明していきます。

ブロックチェーンに使用されている技術①「P2Pネットワーク」

P2Pとは、ネットワーク上で機器間が接続・通信する方式の一つで、機能に違いのない端末同士が対等な関係で直に接続し、互いの持つデータや機能を利用しあう方式。 また、そのような方式を用いるシステムやソフトウェアなどのことを意味します。

P2Pネットワーク

ブロックチェーンに使用されている技術②「コンセンサスアルゴリズム」

コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術となるブロックチェーンがブロックを追加する際のルールとなるコンセンサス(合意)形成を行うアルゴリズム(方法)のことを指します。

ブロックチェーンに使用されている技術③「スマートコントラクト」

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。 イーサリアムなど多くの仮想通貨でスマートコントラクトが実装されています。 … スマートコントラクトのメリットは、当事者間で交わされる契約書の締結など多くの作業が不要になるため、事務コストを削減できることです。

ブロックチェーンに使用されている技術④「偽造防止・暗号化技術」

ビットコインでは偽造防止の為に公開鍵暗号ハッシュ、その双方を用いた電子署名等の技術が利用されています。

公開鍵暗号やハッシュ、電子署名はインターネットや社内システム等のあらゆるセキュリティ対策に利用されており、ビットコイン自体のセキュリティは堅牢です。

また既に使用したビットコインを再び使用する二重支払いについてもブロックチェーンプルーフ・オブ・ワークを導入することにより防止が可能です。

仮想通貨

bitcoinなどの仮想通貨サービスは、ブロックチェーン技術を基盤に使用して提供されています。

世界中での取引が可能となることで市場は急成長し、2025年までに現在の5倍にあたる3兆ドルまで拡大することが予測されています。

参考:「暗号資産市場、2025年までに5倍の3兆ドルに:米企業が予測」

ゲーム

NFT

https://www.sbbit.jp/article/fj/60992

全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事