非エンジニアでもわかる ブロックチェーン開発に必要なスキルと使用言語

仮想通貨のシステムに必要不可欠な技術である「ブロックチェーン」は、その信頼性の高さから幅広い分野での活用が進められています。そのブロックチェーンの開発は、現役エンジニアだけでなく、非エンジニアの方でも目指せすことが可能です。そこで本記事では、非エンジニアでもわかるように、ブロックチェーン開発の必要スキルや使用言語、学習方法を解説します。

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    ブロックチェーンとは取引履歴を暗号化し、過去から1本のチェーンのようにつなげることで正確な取引履歴を維持する技術を指します。また、ブロックチェーン化された取引記録は、特定の管理主体が存在する通常のシステムとは異なり、複数のシステムがそれぞれ情報を保有する「分散型台帳」という仕組みで管理されています。

    ブロックチェーンはデータの改ざんや不正が極めて難しい仕組みになっており、仮想通貨の基幹技術として開発されました。現在ではさまざまな分野で活用され始めており、電力取引やサプライチェーン管理などにも適用されています。

    ブロックチェーン開発に必要なスキル

    将来性の高いブロックチェーン開発に必要なスキルは次の3つです。

    • ブロックチェーン技術への理解
    • プログラミングスキル
    • 暗号理論に対する理解

    ブロックチェーンを開発するうえでエンジニアにはスキルだけでなく、網羅的な知識も求められます。それぞれのスキルに関する内容をみていきましょう。

    ブロックチェーン技術への理解

    ブロックチェーンを開発するエンジニアには、ブロックチェーン技術の理解が必須です。ブロックチェーンの根本的な仕組みはもちろんのこと、メリットやデメリットなども知識も得ておくと実務に役立ちます。

    また、知識面での理解だけではなく、仮想通貨を実際に取引するなどの実体験も必要です。

    ブロックチェーン技術を活用できるだけの深い知識や理解がエンジニアに求められます。

    プログラミングスキル

    ブロックチェーン技術を駆使するだけのプログラミングスキルも必要です。ブロックチェーン技術を活用したサービスやアプリケーションの開発はもちろんのこと、ブロックチェーン自体の開発にもプログラミングスキルが欠かせません。

    後述している「JavaScript」「GO」「C++」「Solidity」など、一般的に使用されることの多いプログラミング言語の理解と習得は必須といえます。使用するソフトや目的によって使う言語は異なりますが、ブロックチェーンのエンジニアを目指すならいずれも習得しておいて損はないでしょう。

    暗号理論に対する理解

    ブロックチェーンを開発するうえで、ブロックチェーンと深く関わる暗号理論の理解も欠かせません。具体的には「ハッシュ関数」「電子署名」「公開鍵暗号」「擬似乱数生成器」などの技術がブロックチェーンと強く関係します。

    これらの技術に関する仕組みや種類への理解を含め、どのような場面で利用されているのか

    を正しく理解しておく必要があります。また、最新の暗号技術についても情報を収集できるような環境づくりも重要です。

    ブロックチェーン開発に使用する言語

    ブロックチェーン開発に使用する主な言語は次の4つです。

    • JavaScript
    • GO
    • C++
    • Solidity

    それぞれの言語に特徴があり、開発の目的によって使い分けが必要です。ブロックチェーンを開発するエンジニアには、いずれも最低限の理解が必要となるでしょう。ここでは各言語の特徴を詳しく解説します。

    JavaScript

    JavaScript(ジャバスクリプト)とは、WebサイトやWebアプリの開発に用いられるプログラミング言語です。普段スマホやパソコンなどで見る多くのサイトは、このJavaScriptによって作られています。

    例えば、Webサイトを訪問した際、サイト上でアニメーションが動いているのを見たことがある方も多いでしょう。そのようにブラウザ上での「動き」を表現するための指示を出しているのがJavaScriptなのです。

    また、仮想通貨の「Lisk(リスク)」では、アプリケーションの処理能力向上やトラブルからの早期復帰のためにJavaScriptを用いたサイドチェーンの構築を目指しています。

    GO

    Go(ゴー)はGoogleが開発したプログラミング言語で、シンプルかつ高速な処理が可能です。「YouTube」「メルカリ」「ぐるなび」といった大手サイトもこのGOを採用しています。

    また、Goは「誰が読んでも分かるプログラムを書きやすい」という点も特徴です。よって、複数人での並行開発に向いており、規模の大きいシステム開発に適した言語といえます。

    なお、仮想通貨の「Ethereum(イーサリアム)」を操作するためのソフトである「Go Ethereum」の利用にはGoが必要です。簡単に機能を実装できるように標準ライブラリも複数整備されており、ブロックチェーン開発の初心者が習得するのにおすすめの言語といえるでしょう。

    C++

    C++(シープラスプラス)とは、コンピューターを早く動かすことができるC言語の機能を拡張させ、更に効率化を図ったプログラミング言語です。C++は、スマホアプリやゲームだけでなく、ロボット技術の開発などの近年需要の高い分野でも多く利用されています。

    言語の習得難易度は他の言語に比べて高く、ブロックチェーン開発のコア部分の開わる場合は必須の言語といえます。仮想通貨の代表格ともいえる「Bitcoin(ビットコイン)」はこのC++で構築されています。また、C++を習得することで、構造が似ているJavaの理解にも役立ちます。

    Solidity

    Solidityとは、イーサリアムがブロックチェーンで使うスマートコントラクトを構築するために独自で作成したプログラミング言語です。スマートコントラクトとは、人が介入せずともプログラムが自動的に契約を実行するシステムを意味します。

    イーサリアムの作ったSolidityは、さまざまなスマートコントラクトの開発に利用されています。よって、仮想通貨に関するアプリなどを開発する場合は、押さえておくべき言語といえるでしょう。

    Solidityを習得することはブロックチェーン開発において広く応用できるため、ポイントを押さえて学習することをおすすめします。

    ブロックチェーン開発を学ぶ方法

    ブロックチェーン開発にスキルを身につけることは、エンジニアとしての仕事の幅を広げ、さらにはキャリアアップも期待できるでしょう。そんなブロックチェーン開発について学ぶには「書籍」と「オンライン」の2つの方法があります。

    自分にあった学習方法を見つけるためにも、それぞれの特徴について理解しておきましょう。

    書籍で学ぶ

    ブロックチェーンについての基礎知識を学ぶためにも、専門の書籍で学ぶことをおすすめします。ブロックチェーン開発を身につけるうえで重要なポイントは「関連の専門用語を覚えること」です。

    専門用語の意味を理解していないと、開発に関わる会議や打ち合わせに参加しても話についていけません。よって、ブロックチェーンに関する専門書や技術書を用いて、関連用語の理解からスタートしましょう。

    また、ブロックチェーンの関連書籍には専門書や技術書だけでなくて、ビジネス面での活用を軸としたビジネス書も多く存在します。エンジニアにあっても、ブロックチェーン技術の活かしたビジネスについて学ぶことも重要です。なお、おすすめの書籍については次のページで詳しく紹介しています。

    【2022年最新版】ブロックチェーンエンジニアにおすすめの本20選

     

    オンラインで学ぶ

    ブロックチェーン開発はオンラインで学ぶ方法もあります。仮想通貨やブロックチェーンに特化した「オンライン学習サービス」がさまざまに存在します。

    ブロックチェーン開発に関して「独学での習得が難しい」「早く習得したい」といった要望のある方は、オンライン学習サービスを利用することでブロックチェーンについて1からしっかりと学習が可能です。

    ただし、サービスごとに対応言語や難易度に違いがあり、もちろん費用面でも差があります。まずは自身の学習の目的に合うサービスを探してみてください。

    まとめ

    近年、さまざまな分野で注目を集めているブロックチェーン。そのブロックチェーンの開発に携われるエンジニアの需要が高く、高年収も期待できます。

    現役エンジニア、非エンジニアのいずれも場合も、最先端技術の一つであるブロックチェーンを開発するスキルを身について損はないはずです。今回ご紹介した学習方法などを参考に、まずはブロックチェーン技術の習得をぜひ目指してみてください。

    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事