ブロックチェーンの活用が進むビジネス領域とは?市場規模予測やトレンドも紹介

「ブロックチェーン」の台頭.は、さまざまビジネスを一変させるともいわれれいます。また、その具体的な内容については市場規模やトレンドから予測する必要があります。
そこで、本記事では国内外におけるブロックチェーンの市場規模予測やビジネスモデルの進化などについてみていきましょう。

 

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    国内外におけるブロックチェーンの市場規模予測

    矢野経済研究所調べでは、2022年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模(事業者売上高ベース)予測は1,235億9,000万円です。また、2017年~2022年の5年間の年平均成長率(CAGR)は108.8%と予測されています。

    一時期に比べ、ブロックチェーン関連のニュースを耳にする頻度は減りましたが、まだまだ成長著しい分野です。GAFAを始めとした巨大なIT企業がひしめく北米が最大市場となるでしょう。次の記事では、ブロックチェーンの市場規模を複数の資料やデータをもとに解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    ブロックチェーンの市場規模を複数の資料やデータをもとに徹底解説

    参考資料:ブロックチェーン活用サービス市場に関する調査を実施(2019年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

     

    現代ビジネスにおけるブロックチェーンのトレンド

    現代ビジネスにおけるブロックチェーンのトレンド

    ブロックチェーンは、仮想通貨ビットコインの取引台帳として生まれました。その後、他の様々な仮想通貨がこの仕組みを模倣することで、仮想通貨の一大ブームとなりました。

    当初は仮想通貨ビジネス(1.0世代)から始まり、その後金融領域(2.0世代)へ拡大します。様々な応用が可能と言われていましたが、最近では非金融領域(3.0世代)への活用事例も耳にするようになりました。

     

    スタートアップの参入数や投資金額の増加

    国内・海外ともに、ブロックチェーンに関する企業の設立数や、その企業への投資金額が増加しています。

    国内は、「Blockchain Date Book 2020」によると日本を市場としてサービス提供している仮想通貨・ブロックチェーン関連企業は2020年時点で合計430社に達することが明らかになっています。さらにその内訳を見てみると、スタートアップに分類される企業は150社にも上っています。

     

    政府による成長への後押し

    2022年、岸田政権は「新しい資本主義」の核として「Web3.0」「NFT」を掲げる考えを発表しました。

    これまで、日本国内の仮想通貨やブロックチェーン事業について、政府の過剰規制や他国と比べて不遇な税制度が適用されているという問題がありました。これにより、関連業界の優秀な人材や資金の流出が発生しているという現状があります。

    このような課題を重く受け止めた政府は、税制改正や法改正を行う方針を提言しました。また、NFTを漫画・アニメ、多様な知的財産を有するコンテンツを抱える日本の「クールジャパン戦略」としても活用していく考えを示しています。

    「Web3.0」については、次の記事でも詳しく解説しています。

    Web3.0とは?ブロックチェーン技術によって変わること

     

    ブロックチェーンを活用したビジネスモデルの進化

    1.ブロックチェーン1.0

    ブロックチェーン1.0とは、ビットコイン形式で表示される最初のブロックチェーンモジュールのことです。2009年の初めに、ビットコインネットワークが正式にローンチされました。

    仮想通貨システムとして、ビットコインの総量はネットワークコンセンサスプロトコルによって定義されますが、個人または組織がその中の供給および取引記録を自由に変更することはできません。

    ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンは、実際には非常に独創的な分散型共有台帳とP2Pの価値移転技術であり、金融の複式簿記の発明と同じくらい影響を与える可能性があるとされています。

     

    2.ブロックチェーン2.0

    ブロックチェーン2.0はブロックチェーンを様々な領域で活用できるようになった、いわゆるブロックチェーン「プラットフォーム化」をしたものです。ブロックチェーン1.0依頼、ブロックチェーンテクノロジーの重要性とその価値が認知されつつありました。

    そして、2014年頃、共通のプラットフォームを作成し、開発者にBaaS(ブロックチェーンアズサービス)サービスの提供が始まりました。ここで誕生した重要な概要がスマートコントラクトと呼ばれるコンピュータープログラムです。

    この分野で最も有名なのは、スマートコントラクトの実装を可能にすることを目的としたイーサリアムブロックチェーンです。今では多くのアプリケーションがイーサリアムプラットフォーム上での開発が進められています。

    IoT、農産物、電気、価格、スポーツ賭博など様々な分野をコンセプトとする色々なDAppがイーサリアムプラットフォーム上で開発されています。イーサリアムはDApp開発において通貨プロジェクトの市場シェアが50%を超える代表的なブロックチェーンプラットフォームです。

     

    3.ブロックチェーン3.0

    2015年以降、ByteballやIOTAなどのDAGデータ構造に基づくBlockchain3.0テクノロジーの登場により、Blockchainシステムは以前よりも効率的かつスケーラブルで相互運用性が高くなりました。

    これによってブロックチェーンはヘルスケア、知的財産、教育、および資料など様々な分野に適用され始めました。ネットワーキング、シェアリングエコノミー、コミュニケーション、ソーシャルマネジメント、慈善活動、エンターテインメントなどの幅広いアプリケーションはBlockchain3.0の登場により誕生しています。

    つまりブロックチェーン3.0は、ブロックチェーン2.0のアップデートバージョンであり、テクノロジーの機能を強化することによって既存の問題を解決し、より安く、速く、効率的な

    トランザクションを可能にしました。

     

    4.ブロックチェーン4.0

    以前のバージョンで構築された基盤に基づいた、ブロックチェーンテクノロジーをビジネスの需要に対応できるようにしたものをブロックチェーン4.0といいます。

    ブロックチェーン4.0の技術はHashNetデータ構造に基づいたもので、このコンセンサスアルゴリズムは、トランザクションのスループット(単位時間あたりに処理できる量)とスケーラビリティの向上を実現しています。

    ブロックチェーンはインフラとなり、ブロックチェーンに基づいた完璧なエコシステムが形成されるであろうと言われています。それによって人々のライフスタイルが大幅かつ根本的に変わると予想されています。

    このようなITによる産業革命を「インダストリー4.0」といいます。インダストリー4.0は短期的には自動化、エンタープライズリソースプランニング、様々な実行システムの統合を指しています。

    しかし、それと同時にこのコンピューター化を目指す動きには、信頼とプライバシー保護の向上が必要になると言われています。様々な分野において目指されるインダストリー4.0によってブロックチェーンの活躍の幅が広がることが期待できます。

     

    ブロックチェーンの活用が進む3つのビジネス領域

    1.金融領域

    ブロックチェーンビジネスでの第一領域は「金融領域」です。「金融領域」は「Fintech(フィンテック)」とも呼ばれており、より正確には「暗号資産(=仮想通貨)を活用した領域」を指します。活用事例としては以下の3つが挙げられます。

    • 暗号資産取引
    • ICO(Initial Coin Offerring)
    • STO(Security Token Offering)

    ちなみに、ブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションを意味する「DeFi」については次のページで詳しく解説しています。

    ブロックチェーンを活用する「DeFi」が実現する未来を徹底解説!

     

    非金融領域

    ブロックチェーンビジネスの第二領域は「非金融領域」です。非金融領域とは、暗号資産(仮想通貨)を使わない領域のことで、台帳共有や真贋証明、窓口業務の自動化など、既存産業のDXの文脈で、今、最も注目を集めている領域です。非金融領域のブロックチェーンビジネスが注目を集めている理由としては以下が考えられます。

    • 適用範囲が非常に広い(どの産業にも可能性がある)
    • したがって適用領域の市場規模が大きくなる可能性が高い(政府予想では数十兆円規模)
    • これまでに実現してこなかった産業レベルでのイノベーションが起こりうる可能性がある

     

    3.ハイブリット領域

    ブロックチェーンビジネス第三の領域は「ハイブリット領域」です。ハイブリット領域とは、金融×非金融、つまり暗号資産を非金融領域での課題解決へと応用している領域です。「実ビジネスに仮想通貨決済を導入させたい領域」とも言えます。

    トークンエコノミーに代表されるハイブリット領域は、事業化にあたって最新の注意が必要な領域です。この領域は資本決済法の適用を受けるので、事業企画においても繊細な配慮が必要な点について法務部門から突っ込まれる可能性が高いため、注意しましょう。

     

    ブロックチェーン技術がビジネスを発展させる

    サプライチェーン管理、承認ワークフロー、金融取引、条件ベースの支払い、IoTデータ収集、ヘルス管理、資産管理はブロックチェーンテクノロジーによって強化できる領域です。

    様々な分野においてブロックチェーンビジネスは浸透してきているのでブロックチェーンビジネスに挑戦してみましょう。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから