メタバース開発に強いシステム開発会社10選!依頼する会社の選び方も紹介

ネットワーク上に構築された3次元の仮想空間を意味するメタバース。そんなメタバースの開発でおすすめのシステム開発会社を10選として取り上げました。

また、メタバースを開発している開発会社を選ぶポイントについても紹介します。現在、システム開発の依頼先にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    メタバースとは

    メタバースとは、英語の「meta」(超越した)「universe」(宇宙)を組み合わせた造語です。ネットワーク上に構築された3次元の仮想空間のことを「メタバース」と呼びます。

    メタバースといっても個人的に自宅のパソコンやスマートフォンで楽しめるものから、実用的に最新の設備環境を必要とするものまで、メタバースを使って利用できるサービスは様々です。

    メタバース事業が急激に拡大した要因のひとつは、世界的パンデミックが挙げられます。ロックダウンや外出自粛によって中止・延期となったイベントを復活させ、経済活動の継続を目的として多くの企業がメタバースの持つ可能性に期待を寄せています。

     

    メタバース開発を依頼する会社の選び方

    NFTにおける3つの課題

    メタバースを開発している開発会社を選ぶポイントを3つご紹介します。

     

    これまでの開発実績

    開発実績は最も重要なポイントになります。自社の求めるシステムに近い開発実績がある企業を選定することで、よりイメージしたものに近いシステムの開発が期待できます。

    開発実績は必ずチェックしましょう。

     

    専門性の有無

    専門的な領域でのシステム開発では、専門性も重視すべきです。メタバースなどWeb3.0の領域の専門性がある企業を選定し、チェックしましょう。

    また、専門資格保有者の有無をチェックしていくと安心です。

     

    納期に関する柔軟性

    システム開発にかかる時間が案件ごとに様々です。スピード感を求める場合は、短納期対応に柔軟に応じてくれる企業を選ぶことをおすすめします。

     

    メタバース開発に強いシステム開発会社10選

    Web3.0とは

    メタバース開発に強いシステム開発会社を10社紹介します。

     

    1.株式会社アーリーワークス

    株式会社アーリーワークスは、独自のブロックチェーン技術を活用した新規サービスの創出をメインに展開するベンチャー企業です。当社は、高い技術力を活かして、世界トップクラスのスピードを誇る超高速ブロックチェーンシステム『Grid Ledger System(GLS)』を開発。

    他社の既存システムは、セキュリティ対策を強化するあまり、処理速度が遅くなっていたのに対し、アーリーワークスのシステムは1取引0.2秒という驚異的な処理速度を実現した企業です。さらに、ブロックチェーン開発の技術を活かし、さまざまな企業との協業を推進しています。

    2021年11月には、博報堂DY Media Partnersと協業し、『エウレカセブン』関連グッズをNFT化して販売するプロジェクトをスタートするなど、大手企業との案件を多数手掛けています。

     

    2.クラスター株式会社

    クラスターは、「人類の想像力を加速する」というミッションを掲げて、バーチャルSNS「cluster」の開発・運営を行っているスタートアップ企業です。

    VRで様々なことを一緒に「体験」することができるメタバースプラットフォーム「clustar」を通じて、バーチャル経済圏のインフラ構築を目指しています。

     

    3.株式会社ソフトギア

    株式会社ソフトギアは、2008年の設立以来、オンラインゲームやVRコンテンツの開発を通じて多くのクライアントと取引を重ねています。

    開発は事前の企画からプログラミング、デバック、運用までトータルに任せることが可能。ゲームコンテンツの受託開発とあわせてパッケージ型のサーバーソリューションも提供しており、メタバースの自社開発に挑戦したい場合、依頼してもよいかもしれません。

     

    4.株式会社Synamon

    株式会社Synamonは、VR・ARコンテンツの企画・開発やコンサルティングを手がける企業です。2021年にはエンタープライズ向けのメタバース構築支援サービスを立ち上げ、5G技術を組み合わせたインタラクティブなバーチャルモールや、VRの金魚すくいゲームを提供してきました。

    業界トップクラスの3DCGクリエイターが在籍しており、コンテンツの質にこだわりたい企業様におすすめです。

     

    5.ネストビジュアル株式会社

    ネストビジュアル株式会社は、映像とテクノロジーの融合をコンセプトに掲げ、VR・ARコンテンツやスマートフォンアプリの開発事業を行っています。何より大きな強みは業界トップクラスの制作実績です。

    これまで富士急ハイランドのVRコースターや住友生命のイベントVR映像を手がけてきました。没入感の高い映像に定評があり、制作物がWebメディアで取り上げられることも少なくないです。

     

    6.株式会社メタバース

    株式会社メタバースは、インターネット上の仮想空間に特化した開発プロジェクトを手がける企業です。トヨタ自動車など、日本を代表する企業との取引も少なくなく、高品質な仮想空間を構築したい企業にはおすすめです。

     

    7.cocone connect株式会社

    cocone connect株式会社はココネ株式会社の100%子会社です。2021年6月に株式会社アスキスより「農園婚活」「牧場婚活」「パズル&テーラーズ」を展開。

    2021年9月には株式会社ジークレストよりアバターサービス「セルフィ」を譲受し、デジタル世界での恋愛・結婚・男女の出会い・パートナーシップをメインとしたバーチャルマッチングサービスを展開しています。「メタバース」×「アバターサービス」を検討している企業におすすめです。

     

    8.株式会社ジーゼ

    株式会社ジーゼは、東京・大阪・ミャンマー・カンボジアに拠点を置き、「ゲーム・VR・ARシステム開発運用事業」、「アジア諸国での日本語・IT教育事業」、「海外人材事業」の3本柱で急成長を遂げている会社です。

    VRをはじめ、ブロックチェーン・暗号資産・NFTなどのデジタル仮想空間の技術開発に注力しています。

     

    9.株式会社HIKKY

    株式会社HIKKYは、VR・AR領域における大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との新規事業開発を主事業に、バーチャル世界の生活圏・経済圏を発展させ、クリエイターのさらなる活躍を支えることを目指しており、メタバース関連事業で注目されています。

    VR award 2020のVRマーケティング部門にて最優秀賞を受賞し、今もっとも注目されているXR企業です。

     

    10.株式会社Polyscape

    株式会社Polyscapeは、「人がより自由に生きられるバーチャル世界を創造する」ことをミッションに掲げている2022年創業のスタートアップ事業です。自社オリジナルのゲーム開発を行い、ゆくゆくはPlay to Earnを実現できる自社プラットフォームを創造する事を目指しています。

     

    メタバースの開発に関する今後の動向に注目

    メタバース空間上にアバターとして人格を再現することで、現実に存在する「今の自分」と、アバターとなった「過去の自分や友人、家族」がオンラインで交流できる日も訪れるかもしれません。今まで不可能だったことがメタバースによって実現しているかもしれません。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから