Crypto NativeコンシューCrypto Nativeコンシューマープロダクトの未来マープロダクトの未来

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    この記事はシリーズの第一部です。

    テクノロジーが大きく変化するたびに、やがて消費者向けテクノロジー企業の新しい波が押し寄せてきた。インターネットの出現は、AOLやYahooなどのメッセージングアプリ、AmazonやeBayなどのマーケットプレイス、NetflixやPandoraなどのエンターテインメントサービスにつながった。モバイルへの移行は、Twitter、Uber、Facebook、Snapなどが台頭しました。

    私たちは今、ブロックチェーンを使ったアプリやサービス(web3)への3度目の大きな地殻変動が起ころうとしています。ブロックチェーンは、アイデンティティ、透明性、信頼性に関して現在インターネットを悩ませている問題の多くを解決するため、その可能性は非常に大きいです。

    今日のCrypto消費者向け企業は、アート、音楽、スポーツの分野でのアプリケーションに牽引されています。ポップカルチャーの地位に達しているにもかかわらず、おそらくCoinbase、OpenSea、Yuga Labs/BAYC、Metamask以外では、マス市場で有名になったブレイクアウトブランドはあまり多くありません。

    なぜでしょうか?

    その理由の一つは、ブロックチェーンアプリが主流のオーディエンスにアピールする時期が早いということです。Cryptoでは、ユーザーは主に金銭的なインセンティブと所有権によって動機づけられていると言ってよいでしょう。

    一方、成功した消費者向け製品は、人間の行動の中核となる多数のドライバーを利用しています。意味の欲求、自己表現と創造性の欲求、つながりと影響力の欲求、所有の欲求、所属の欲求、安全と安心の欲求、社会的影響力と他者との関係の欲求、スリルとドーパミンのヒットの欲求、達成と構築の欲求などである。

    これが、消費者向け製品が非常にユニークで構築するのが難しい点です。ユーザーの注意を引くには数秒しかなく、フックに成功した後は、繰り返し使用とエンゲージメントを促進するというさらに難しい問題があります。

    このようなニーズに対応した永続的なCryptoブランドを構築することは、課題であると同時にチャンスでもあります。Cryptoネイティブの企業は、平均的な消費者が分散化をどの程度評価しているのか、またそれがUXのトレードオフになるのか、といった問題に取り組む必要があります。Crypto企業は消費者製品構築の原則(信頼と安全、シームレスなUX、驚きと喜び)をまだ採用していませんが、彼らはコミュニティ構築に秀でており、強力なコミュニティは帰属意識を高めています。

    この機会を狙って、多くの候補者が競い合っています。ここでは、Cryptoネイティブ製品がすでに大量に採用されている9つの分野(ウォレット、NFTマーケットプレイス)と、まもなく主流になる可能性のあるいくつかの新興分野を紹介しました。(これらの分野については、今後のブログ記事でより詳しく解説します)

    私たちはCryptoの修正に向かっていますが、このような危機は、新しい消費者カテゴリーが出現する機会を生み出します。1年後、以下のいくつかのカテゴリーは大きく変わっていることでしょう。

    ここでは、既存のカテゴリーから新しいカテゴリーまで、Cryptoを利用した消費者向け巨大企業が出現する可能性のある分野をいくつか紹介します。

     

    1 コマース / NFTマーケットプレイス

    ビデオ、アート、ゲーム、音楽に関連するNFT(非代替トークン)を専門に扱っていても、そのためのマーケットプレイスがあります。NFTのマーケットプレイスは、Cryptoの街の広場、商業の中心地です。このカテゴリの人気と成功の認知度に大きな影響を与えます。

    • NFTが信頼できるマスブランドとなるには、マス市場がCryptoに対して抱いている不信感を克服し、購入体験を向上させる必要があります。
    • NFTの新しいニッチを開拓し、世界レベルの信頼性、安全性、セキュリティを備えたプラットフォームを構築する大きな機会がまだあります。ユーティリティ主導のNFTはマスマーケットにアピールできるかもしれません。また、今後、マーケットプレイスの外で行われる商取引で、組み込み型およびプラットフォーム型の商取引の機会が増えるかもしれません。
    • OpenSeaはこれまで支配的でしたが、Magic Edenのようなプレイヤーが最近、ユーザー数とボリュームで彼らを追い越し始めています。その他、LooksRare、Hawku、Fractal、Zora、Autographなどがこれに取り組んでいる。

     

    2 CeFi / DeFi, & Wallets’ Next Act

    消費者向けフィンテック製品は、間違いなくこれまでで最大の成功の一つである 。

    Coinbase、Blockchain.com、Uniswap、Metamask、そしてZerion、Zapperの高いエンゲージメントを見れば、消費者向けフィンテック製品は間違いなくこれまでで最大の成功の1つである。中央集権的・非中央集権的金融の中で私が注目しているのは、ウォレットです。

    Cryptoにとってウォレットは、インターネットの最初の時代における電子メールのようなものです。または、インターネットの最初の時代における電子メールのようなものです。ウォレットは、Cryptoネイティブの世界における接続、シングルサインオンサービス、認証方法なのです。しかし、これらの製品はまだ大量消費者向けの製品ではありません。

    • ウォレットの使い勝手やユーザー体験のデザインは、最適とは言えません。ウォレットを作成し、非常に長いシードフレーズを覚え、ロックアウトされるリスクを負い、そして送金する必要があります。(その方法をYoutubingで見つけてください)
    • あなたがそれをしたら何かを購入する前に、たくさんのガス代を支払わなければなりません。つまり、システム全体がまだマス市場向けではないのです。
    • 良いニュースは、このプロセスを改善する大きな市場機会があることです。Blockchain、Metamask、WalletConnect、Phantom、Rainbowなどの大手企業がどう対応するか、またTriangleやSlazなどの新しいウォレット・アズ・ア・サービスのプロバイダーがどう市場を再定義していくかに注目しています。

     

    3 Gaming / Metaverses

    2021年10月に、私はなぜメタバースは違うのかについて書きました。Mという言葉は使いたくないのですが、SandboxやDecentralandのようなCryptoベースのメタバースが与えた影響や、Roblox、Minecraft、VRchat、RecRoomなどのWeb2メタバースが、これらのプラットフォームを主たる社会体験として捉える世代のプレーヤーに与えた、さらに大きな影響を否定することはできないのです。

    • オープンワールドのソーシャルゲームは、若者が自分の時間を過ごしたい方法です。終止符。これは最も急速に成長しているメディアのカテゴリーです。
    • Cryptoにより、これらのプラットフォームは初めて現実世界の通貨と接続することができ、プレイヤーの可能性と実用性を大幅に拡大することができます。
    • Cryptoネイティブのメタバーズは、Play to earnや他のブロックチェーンゲーム会社が抱える問題にまだ悩まされています。
    • Faraway、Star Atlas、Defi Kingdoms、Harvest、その他多くのブロックチェーンゲームスタートアップのような企業が、Cryptoゲームを実際に楽しいものにするのを見るのが楽しみです。

     

    4 Digital IP / PFPs: Crypto Native Disney

    おそらく、これまでで最も目に見えるCrypto製品の成功は、BAYC、Cryptopunks、World of Women、Azukiなど、NFTプロフィール写真でした。上位3つのNFTコレクションだけで、2021年のOpenSeaのボリュームの40%を占めました。これらのプロジェクトは、アートに関するコミュニティやアイデンティティの共有を生み出し、ディズニーやピクサーと同じようにキャラクターに命を吹き込みました。

    • デジタルファーストのIPブランドは、従来のメディアのIP開発よりも多くの利点があります。ソーシャルメディアを通じて迅速に反復することができ、コミュニティのエンゲージメントが強化されるとトークンを通じて収益化し、ストーリーが発展する前に登場することができます。
    • また、Web3では、プロジェクトは受動的に消費されるだけでなく、コミュニティーの所有者同士の交流や協力が必要であり、視聴者を通して生きるアクティブなストーリーであることを理解しています。
    • 最高のデジタルIPプレイヤーは、持続可能なポートフォリオ・アプローチで収益化し、ゲームやその他の定期的なロイヤリティ・プールと提携し、単発のカスタムライセンス契約に依存しないようにしているのです。この分野で私が注目している企業は、Recur、Yuga Labs (BAYC)、Invisible Universeなどがあります。

     

    5 Creator / Media-Entertainment / Collectibles

    エンターテイメントとスポーツは特に、Cryptoがマス市場の視聴者に伝えるための最大の橋渡しの1つとなっています。ステイプルズ・センターが今やCrypto.comアリーナであることは誰もが知っています。音楽やテレビを再発明している人もいれば、経験をマネタイズしてクリエイター/インフルエンサーのトークンの収入を生み出しているものもあります。

    2021年10月に、私はクリエイターコインと収入の未来について書きました。このカテゴリはまだ初期ですが、Cryptoがクリエイターにとっていかにゲームを変えることができるかを強調するものです。

    • クリエイターコインは、ファンが個人に投資することを可能にし、ファンのコミュニティを経済的な支援者に変え、個人のブランドを通貨形態に変えることができます。
    • トークン、NFT、暗号資産は、収入が不安定なクリエイターが、常に新しいコンテンツを制作したり、知名度を上げたりして、収益を上げ続けるために、とても有効な手段です。それは、彼らのファンを収益化可能なコミュニティに変えることに役立ちます。ファンは、そのクリエイターの歴史におけるユニークで希少な作品を所有していることを知ることができます。
    • MirrorやMaykのようなCryptoネイティブプラットフォームで記事を公開したり、音楽を制作したりする手段をクリエイターに提供するクリエイターツール企業も存在します。
    • スポーツは、常にコレクターズアイテムと密接に結びついています。エンターテイメント・コレクタブル企業は、既存のWeb2の動作を採用し、信頼性、検証性、スケーラビリティを備えたWeb3の方法で実装しています。
    • この分野のプレーヤーには、HumanIPO、Mad Realities、Dapper/NBA TopShot、Audius、Rally、Fan Controlled Football、Royal、Autographなどがあります。

     

    Web1の最大のイノベーションは、検索とグローバルな情報アクセスの解決でした。Web3ではIDレイヤーが追加され、ブロックエクスプローラーで初めて所有権記録を簡単に検索できるようになり、検索がさらにエキサイティングになりました。検索は新しい興味や趣味の発見につながりますが、人々が取引を始める前に、新しいNFTコレクション、DAO、または親和性を共有する人々など、Cryptoの興味を発見することは困難です。デフォルトはTwitterです。

    私が注目しているのは、DAOの発見とアグリゲーションです。DAO(分散型自律組織)は、階層や官僚主義を必要とせず、コミュニティが関心事に沿って形成され、集団的に行動することを可能にします。また、スマートコントラクト(コード)に依存しているため、間違いなくより透明で信頼性の高いものとなっています。これらは、以下の理由から、消費者向けアプリの主流になると思われます。

    • DAOは、ウクライナ支援(UkraineDAO)から老化と長寿に関する研究(VitaDAO)、ソーシャルクラブ(Friends With Benefits)からスポーツリーグの所有(Fan Controlled Football)まで、事実上あらゆる目的のために作成することが可能です。
    • これらのDAOをすべて集約し、ソーシャルグループ間での発見を可能にする人は、各コミュニティへの貢献に対して人々に報酬を与える金融システムを組み込んだFacebookグループを置き換えることができるだろう。
    • この集約を可能にするいくつかの候補は、CollabLand、Superdao、Syndicateのような発見を追加するDAOツーリング会社、またはDeepDAOのような分析会社かもしれません。DAOツール会社は、すでにDAOのネットワークをサポートしているので、興味深い候補です。

     

    新しいテクノロジーの変化のたびに、新しいメッセージングの巨人が生まれました。Web1では、AOL、Yahoo、Hotmail、Gmailなどの電子メール企業が登場しました。Web2では、SMS、Whatsappなどのモバイルの爆発的な普及が見られました。なぜでしょうか?

    • メッセージングは最も高度な社会活動の1つであり、インターネットが可能にした基本的な価値の1つである、人と人のつながりです。
    • 資産を買いたいから、あるいは単に同じような興味を持つ人とつながりたいからという理由で、ウォレットにある資産に基づいてメッセージを送るということは、まだ困難です。
    • ウォレットに直接メッセージを送り、アクセス料を支払うことで、仲介者を排除し、接触するためのプレミアムがウォレットに直接流れるようになります。
    • XMTP、Dialect、Waku、web3mq、Satelliteといった企業がこれを可能にするコアインフラを開発し、Blockscan、Metalink、Mailchainといった企業がアプリケーション層でオンチェーンメッセージングを可能にしようとしています。

     

    芸術分野でのNFTの成功は、「NFTを何に使えるのか?」という疑問があります。これらの質問に対する答えが、Crypto購入とIRL活動、現実世界のタスクとCrypto報酬を組み合わせたX to Earn、NFTチケット/経験、&タスクベースの報酬です。X to Earnはゲーム(play-to-earn)から始まりましたが、その後、move-to-earn、learn-to-earn、sleep, eat, mediateなど、他の活動にも拡大しました。

    • X to Earnのカテゴリーは、持続可能性が問題です。手っ取り早くリターンを得ようとする投機家が体験に溢れ、その結果、トークンは急速に高騰し、やがて価値を失う。これが解決されない限り、審査はまだ終わっていません
    • NFTのチケット+エクスペリエンスは、特別なイベントへのゲートアクセスや、独占的なロイヤリティプログラムを提供することで、実用性を高めることができます。1回限りのイベントもあれば、継続的な報酬や特典、ソーシャルスペースへのアクセスを可能にするものもあります。
    • チケッティング+エクスペリエンスが “Cryptoを払って価値を得る “ものだとすれば、もう一つの興味深いセグメントは “仕事をしてCryptoを得る “ものです。これらのプラットフォームやアプリは、Cryptoベースの報酬(NFT、安定コイン、プロジェクトのネイティブコイン)と引き換えに、消費者に小さな仕事を与えるものです。
    • この広い空間は、多くのプレーヤーによって攻撃されています – ビッグネームはAxie Infinity、Stepn、Sweatcoin、およびLayer3です。Percs、Afterparty、TokenProof、Mintgate、Rabbithole、Coordinape、Bitsportsなどの新規参入組が増えてきています。

     

    人々のCryptoウォレットは、その人が誰で何をしているのかをオンチェーンで明らかにします。 そのウォレットアドレスがわかっていればの話ですが。しかし、今日、オンチェーンデジタルアイデンティティとして、その人のすべての活動を表示する優れた方法はありません。この問題に取り組んでいるスタートアップは一握りです。

    • Proof of Attendance Protocol(POAP)では、どのカンファレンス、コンサート、スポーツイベントに参加したか、どのDAOのメンバーであるかを示すNFTトークンを生成することができます。それを請求することは、採用のハードルが少し高いですが、それはバグではなく特徴かもしれません。
    • EntreはブロックチェーンのLinkedInのようなもので、プロフェッショナルな所属を表示します。一方、ENS(Ethereum Name Service)は長くて複雑なウォレットアドレスに対して、覚えやすいドメイン名に相当するものを提供します。
    • オンチェーンクレデンシャルを集約し共有できる他のプレイヤーとしては、Lemon CashやWebull、Socket、Magic EdenやHawkuなどのNFTマーケットプレイス、またはBitclout、Farcaster、ShowtimeなどのソーシャルネットワークといったCrypto消費者金融プレイヤーが挙げられます。
    • この分野のプレイヤーは、Cryptoがこれほど人気を博したプライバシーを維持しながら、アイデンティティの要素を選択的に共有することを解決する必要があります。

    栄誉ある第10位 – これらの消費者向け製品をサポートするインフラ層/ピック&シャベルプレイが数多く存在します。他にもIDプロトコル、ソーシャルグラフ、ウォレットセキュリティ、DAOツーリングなど、挙げればきりがないほど多くのものが研究されています。

     

    Cryptoネイティブな消費者向けスタートアップの世界では、まだ非常に早い段階であることは明らかです。次の巨大なCrypto製品がどこから来るのかを正確に伝えるのは時期尚早です。

    後者のカテゴリー(6~9番)の多くは、まだ非常に初期の新興カテゴリーであり、これらのカテゴリー間には大量の重複があることを正しく主張することができます。コマース/マーケットプレイスとユーティリティは、NFTがあらゆる種類の報酬へのアクセス手段として見られるようになるにつれて融合する可能性が高く、クリエイターとユーティリティは、独占ファン体験やその他のロイヤルティ提供によってすでに融合しています。

    オンチェーンプロファイルが現実世界の活動の証明になるにつれてデジタルアイデンティティとユーティリティは融合し、デジタルアイデンティティと発見は、発見によりアイデンティティグループに参加し始め、エンターテイメント、ゲーム、デジタルIPは、CryptoネイティブIPが現実世界へとその到達範囲を広げているので既に融合するなど、様々なカテゴリがあります。

    この概要では、明日のCrypto消費者は誰か、誰がCryptoの次の強気をリードするのか、どの製品分野が最初に離陸するのか、Cryptoの要素はどのように消費者体験を高めるのか、どの分野がWeb2を超えて全く新しいものを創造するために本当に革新的なのか、という最も刺激的な質問に完全に答えてはいません。

    この分野には、顧客に愛される製品を作った経験のある創業者がもっとたくさん必要です。この分野では、消費者の習慣を促進し、行動心理学を理解し、楽しいユーザー体験をデザインするなど、この分野で消費者向け企業を構築する方法を知っている人が必要なのです。私は、私たちがそこに到達することを確信しています。

    次回は、新たな分野の一つであるCryptoネイティブメッセージングを深く掘り下げた記事をお届けします。

     Lightspeedのポートフォリオ企業

    このシリーズの次の数回分を入手するには、Twitterで私をフォローし、私のMediumを購読してください。

     

    About Lightspeed

    ライトスピードでは2013年からブロックチェーン技術に投資しており、現在ではSolana、Near、Alchemy、Arbitrum、Ripple、FTX、Blockchain、FalconX、Autograph、Royal、Yuga Labs、Audiusなど、60以上の投資先を保有しています。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから