【最新版】ブロックチェーンエンジニアとは?業務内容や必要なスキルを徹底解説します!

最近、「ブロックチェーン」という言葉をよく聞くと思います。今世の中にブロックチェーン企業も多数増えてきており、ブロックチェーンエンジニアの需要は年々高まってきています。「ブロックチェーン」を一言で説明する人が少ないように、「ブロックチェーン」を開発できる人もすごく少ないですよね。
そこでブロックチェーンエンジニアについて解説していきます。

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンとは

     

    ブロックチェーンとは改ざん不可能な分散管理台帳と呼ばれています。

    情報を記録するためデータベースの一種と言われていますが、従来のデータベースにはない特徴があります。

    耐改ざん性・トレーサビリティ・データの透明性を担保することが可能です。

     

    ブロックチェーンについてもう少し詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!

    【知らないと損する?】ブロックチェーンの仕組みを徹底解説!!

     

    ブロックチェーンエンジニアとは

    ブロックチェーンエンジニアとは

     

    ブロックチェーンエンジニアとは、ブロックチェーンに関わる開発をしてるエンジニアです。

    ブロックチェーンを用いたアプリの開発・ペイメントサービスの開発・自社独自のブロックチェーン開発・ブロックチェーンの研究などが挙げられます。

    特に今注目されている「NFT」などもブロックチェーンを活用したものになります。

     

    ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

    ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

     

    ブロックチェーンを用いたアプリの開発

    ブロックチェーンエンジニアはブロックチェーンを用いたアプリケーションの開発も行います。

    皆さんがよく使うキャッシュレスなどのペイメントサービスやブロックチェーンを用いたゲームの開発なども行います。幅広い業界のアプリケーションにブロックチェーンが活用されており、ブロックチェーンエンジニアの需要が高まっています。

     

    ブロックチェーンアプリの事例

    ブロックチェーンアプリの事例

    出典:https://www.veem.com/

    ブロックチェーンアプリはどんどん出てきてますが、有名なサービスとしてveemなどの送金サービスやstamperyなどのブロックチェーン技術を利用した書類の信憑性を証明することができるサービスなどが挙げられます。

     

    ブロックチェーンを用いたペイメントサービスの開発

    ブロックチェーンを用いたペイメントサービスの開発

    ブロックチェーンエンジニアに必要なスキルとして、ペイメントサービスの開発があります。皆さんがよく使う電子マネーやECサイトの支払いに使用されるサービスです。特にブロックチェーンは少額決済のマイクロペイメントにも利用されるケースが多いです。このようなペイメントサービスの機能にはブロックチェーンエンジニアの技術が必要になります。

     

    具体例は、国内で有名なサービスcoin(コイン)です。

    三菱UFJフィナンシャルグループが発行する仮想通貨で、「1コイン=1円」で利用でき、じゃらん、ホットペッパーグルメなどのサイトや加盟店などでも使用できるコインとなっています。

    今後は換金して口座にお金を戻したり、送金なども検討しているようで近い未来には生活の一部になっているかもしれません。

     

    自社独自のブロックチェーン開発

    自社独自のブロックチェーン開発

    自社独自のブロックチェーン開発をするのもブロックチェーンエンジニアの仕事になります。既存のブロックチェーン技術に機能を追加するだけではなく、お客様の要望に応じてブロックチェーンを開発する必要があります。

    独自のブロックチェーンを開発するためには、ブロックチェーンのメリット・デメリット、理論や仕組みなどを深く理解しなければいけません。大変な仕事ではありますが、やり遂げたときの達成感はあるでしょう。

     

    ブロックチェーンの研究

    ブロックチェーンの研究

    新しいブロックチェーンの研究・開発するのもブロックチェーンエンジニアの仕事です。

    既存のブロックチェーン技術となにが誓うのか、そのセキュリティやアルゴリズムについて現在もあらゆるところで研究が進められています。

    ブロックチェーンエンジニアになっても論文や最新の動向をキャッチアップするのも必要となります。

     

    ブロックチェーンエンジニアの需要と給与

    ブロックチェーンエンジニアの需要と給与

    ブロックチェーンエンジニアの需要

    ブロックチェーンエンジニアの需要<

    ブロックチェーンエンジニアの需要は年々高くなってきています。特にブロックチェーンは開発されてまだ10年ほどの浅い技術になります。最先端分野は常に変化していくので技術者はまだ少ないです。

    近年注目されているキャッシュレス決済などに使われるブロックチェーンは需要は高く、転職や高い給料を求めるエンジニアにはブロックチェーンの知識や技術は大きな武器になります。

     

    ブロックチェーンエンジニアの給与

    ブロックチェーンエンジニアの給与

    フリーランスエンジニア専用のIT求人・案件検索サイトであるフリーランススタートによると、2021年8月時点でのブロックチェーンエンジニアの平均年収は945万円、最高額は1680万円となっています。

     

    ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

    ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

     

    暗号技術への理解

    ブロックチェーンエンジニアとして身につけなければいけないスキルとして暗号技術が挙げられます。

    具体的にはハッシュ関数、公開鍵、電子署名などがあります。

    中でもハッシュ関数は古くからあり、専門書なども多く販売されているため勉強しやすいでうす。

    公開鍵や電子署名についても本などが販売されているので勉強してみましょう。

     

    ブロックチェーンへの知識(興味関心)

    ブロックチェーンへの知識がなければブロックチェーンエンジニアにはなることができません。

    ブロックチェーン技術とは、分散型台帳技術や分散型ネットワークの構築・設計などがあります。主にビットコインの中核技術の原型の設計をする際に必要とされたデータベースを基準としています。取引を部1つのブロックとしてチェーンでつなげることで台帳のようにする技術です。

     

    プログラミング言語への幅広い理解(C++やJavaScriptなど)

    ブロックチェーンエンジニアのみではないですが、エンジニアとしてプログラミング言語への理解というものがあります。

    「C++(ビットコイン)」「JavaScript(Webサービス)」「Go言語(イーサリアム)」など含め、一般に使用される言語の理解が必要です。

    仮想通貨の流通や取引内容を一括で管理するために設計されたシステムモデルとなるためそこで使われる言語の理解は必要です。

     

    ソフトウェア開発のスキル

    エンジニアとしてアプリやソフトウェア開発技術が求められる仕事です。データ構造に関する知識や分散型データベースに関する情報、知識、経験も必要です。

    プログラミング言語を使用した経験があるとブロックチェーンエンジニアとして大切になります。

     

    まとめ

    今回は、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や必要なスキルについて紹介しました。ブロックチェーンエンジニアとして働く人は少なく、需要が高まってきています。

    ぜひブロックチェーンに興味のある方や転職を考えているエンジニアの方は参考にしていただければ幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから