【図解】ブロックチェーンのメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

ブロックチェーンとは一体どのような仕組みなのか、ブロックチェーンのメリット・デメリットを図を用いて分かりやすく解説していきます。

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンとは、取引データを複数のユーザー同士で管理することによって、互いに監視し合い、不正な改ざんを困難にできる技術のことです。

    仕組みをシンプルに説明すると、複数の情報を一つのブロックに保存して、そのブロックをチェーンのように繋げていきます。その取引データを複数のコンピュータで管理することによって、誰かが改ざんなど不正をしたとしても不正前の取引データがあるため、不正を見破ることが可能です。
    高いセキュリティを誇るため、主に金融業界にて多くの企業がブロックチェーンを活用し始めています。

     

    ブロックチェーンの仕組み

    ブロックチェーンの仕組み

    ブロックチェーンは、従来の管理者が明確にいる中央集権システムとは異なり、「暗号化技術を用いて取引情報をユーザー同士で管理することができるようにする技術」です。

     

    詳細は、「【知らないと損する?】ブロックチェーンの仕組みを徹底解説!!」にてご紹介しておりますのでぜひ読んでみてください。

     

    【知らないと損する?】ブロックチェーンの仕組みを徹底解説!!

     

    ブロックチェーンのメリット

    ブロックチェーンのメリット

    ブロックチェーンの登場は、今後インターネットの世界を大きく変えるほどの技術革新と言われています。ここではブロックチェーンを活用するメリットを紹介します。

     

    ブロックチェーンのメリット① | データの改ざんが困難

    一般的にデータの管理には、誰か一人の管理者が存在します。
    例えば、銀行にお金を預けると、「誰が、いつ、〇〇円預けた」の情報を管理・保存しています。なので、万が一銀行が金額の改ざんを行える可能性があります。

    そこでブロックチェーンは、誰か一人の管理者で情報管理する方法(中央集権型)のではなく、全員で管理する方法(分散型台帳技術)でデータの管理を行います。
    全員でデータを共有・管理しているため、誰かが不正しても、全員が持っているデータとの整合性を図ることでデータの改ざんが極めて困難になります。

    仕組み的にデータの改善が困難なので、小さな企業でもブロックチェーンを用いれば大きな信用を得られることが可能になりました。

     

    ブロックチェーンのメリット② | データのバックアップ

    中央集権型ではなく分散型台帳なので、複数のPC・ノードに取引データが保存されています。
    そのため、一部のPC・ノードが破壊されてもデータの復旧が容易に可能です。

     

    ブロックチェーンのメリット③ | ネットワークが停止しない

    ゼロダウンタイムと呼ばれており、ネットワークが停止する時間が無いことを指します。ブロックチェーンはP2Pで管理されており、システムが停止する可能性が極めて低いです。

    一般的な中央集権型の情報システムでは、中央システムに異常が生じた場合、全てのシステムがダウンします。急にサービスが利用不可になったケースに陥ったことはあると思います。ブロックチェーンでは、システムダウンが起きません。

    実際、ブロックチェーンを活用した例で有名なビットコイン(BTC)では、2009年に運用開始から、これまで一度もシステムダウンが起きていません。

     

    ブロックチェーンのメリット④ | 運用が低コストで可能

    従来の管理方法では、自分で用意したサーバーや外部クラウドサーバーを借りて、膨大なデータの管理をする必要がありました。

    ブロックチェーンは複数のPC・ノードでデータの管理をしています。
    そのため、データ保存容量を分散することが可能です。
    これは分散型台帳の大きなメリットといえます。

    実際にBTCでは、世界中のPC・ノードが少しずつリソースを提供することにより、従来の取引手数料より大幅に安い手数料を実現しています。

     

    ブロックチェーンのデメリット

    ブロックチェーンのデメリット

    ブロックチェーンは信頼性が非常に高く、安定していることがお分かりになったかと思います。しかし、その反面課題も存在します。

     

    ブロックチェーンのデメリット① | 処理速度が遅い

    短時間が多くの処理を行うことができないことがデメリットとしてあげられます。
    理由は、ブロックを生成するのに時間がかかるためです。

    ビットコインの場合、1個のブロックが作成されるのに10分かかります。
    例えば、相手にBTC送金する場合の流れは、「取引のチェック→承認→送金」までで10分かかってしまいます。

    処理速度を上げる対策として「サイドチェーン」や「オフチェーン」のといった手法が進められています。

     

    ブロックチェーンのデメリット② | データの削除・修正ができない

    何度も前述していますが、ブロックチェーンでは中央管理者が存在しません。ネットワーク参加者全員で、データの管理を行っている為、改ざんが極めて困難な仕組みになっています。
    そのためブロックチェーンでは、データの削除・修正ができません。

     

    ブロックチェーンのデメリット③ | 悪意のあるユーザーの排除が困難

    ブロックチェーンは基本的に誰でも参加できるシステムなので、悪意のあるユーザーを排除することが困難です。悪意のあるユーザーが改ざんや破壊データを流す場合があります。
    ブロックチェーンの仕組みでは改ざんなどの不正がしにくいことが特徴ですが、そういったユーザーが存在し、排除できないとリスクをかかえている状態なことは間違いありません。

     

    まとめ

    今回は、ブロックチェーンのメリット・デメリットについて解説してきました。

    ブロックチェーンはネットワーク参加者全員で管理する仕組みです。そのため改ざんが極めて困難であり信頼性が高いです。
    しかし、処理速度が遅いことなどのデメリットも存在します。

    ブロックチェーンは革新的な技術であり、現状では仮想通貨で主に活用されていますが、医療・食品・不動産・など他の業界での活用も年々増え続けています。
    ブロックチェーンの仕組みとメリット・デメリットを知り、自分の業界にも活用できるかを考えてみることをおすすめします。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから