ブロックチェーンは不動産にどう関わる?事例から未来を予測しよう!

不動産業界に対してブロックチェーン技術がもたらすであろう影響に注目されています。実際にブロックチェーン技術を活用したさまざまなサービスも開始されています。

本記事では、ブロックチェーン技術が不動産業界に与える5つの影響や具体的な関係性について解説します。また、実際の活用事例についてみもみていきましょう。

 

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    ブロックチェーンと不動産の関係性

    ブロックチェーンと不動産の関係性

    ブロックチェーンとは仮想通貨を実現するための技術として登場した重要なデータをネットワーク上で共有し、管理する仕組みです。ブロックチェーンと不動産が組み合わさることによって、不動産ビジネスが変わりつつあります。

    ブロックチェーンは重要なデータをネットワークで保管する仕組みですが、従来のシステムよりも中央集権化を防止することができ、取引コストを削減することができるというメリットがあります。

     

    不動産売買の取引

    ブロックチェーンは不動産売買の取引において活用することが可能です。従来の不動産売買取引では、書類の取得や押印、銀行への訪問や物件立ち合いなど契約までに多くの手続きが必要でした。

    ブロックチェーンを活用した不動産売買取引では、契約に関するやりとりすべてデータ上で行うことが可能です。そのため、ブロックチェーンによって不動産売買取引が迅速化・簡素化されることが期待できます。

     

    取引にかかる送金

    ブロックチェーンを不動産売買取引に活用することによって、送金がスムーズになると予測されます。従来の不動産売買取引の場合、一度銀行から引き出してから送金を行うため手数料や手間がかかっていました。

    ブロックチェーンはネット上で送金することが可能なので、不動産売買取引における送金手続きがスムーズに行えるようになると期待できるでしょう。

     

    不動産の登記

    ブロックチェーンを不動産に活用することで最も有効的だと言われているのが不動産登記です。現在は国が管理している登記簿によって、不動産の情報が全て管理されていますが、全国の不動産情報を収集して記録するために人件費などの膨大なコストがかかっています。

    ブロックチェーンを不動産登記に活用することで、登記手続きの効率化とコスト削減が実現できます。またブロックチェーンによってデータ共有システムができると、ユーザー間に不動産情報が広く流通することも期待されています。

     

    ブロックチェーン技術が不動産業界に与える5つの影響

    ブロックチェーン技術が不動産業界にもたらす5つの影響を解説します。

     

    1.セキュリティの向上

    ブロックチェーン上に不動産情報を加えることで、不動産登記システムのセキュリティが高まります。ブロックチェーンは非改ざん性と暗号化技術により、不動産情報を安全かつ正確に管理することが可能です。

    そのため、データの送受信を安全に行うことができるようになり、不動産取引のセキュリティも向上することができます。

     

    2.取引の自動化による効率化

    ブロックチェーンの仕組みのひとつに「スマートコントラクト」というものがあります。スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上にあらかじめ契約条件を記録しておき、条件が満たされた時点で自動で取引を実行する仕組みのことです。

    従来の不動産取引には契約に関して多くの手続きが必要なうえ、紙媒体の契約書を用いることが一般的でした。スマートコントラクトを不動産取引に活用することによって契約書が電子化できます。また、契約に付随した不動産登記や決済などの業務を自動化できるので、業務の効率化を図ることが可能になります。

     

    3.情報の一括取得

    ブロックチェーン上に不動産情報を加えることで、過去の取引を含めた連続した情報を一括取得することができます。スマートフォンやタブレットなどの手元にあるデバイスから一括して不動産の過去の取引価格や修繕履歴のデータの取得が可能になります。

     

    4.データ管理にかかるコストの削減

    ブロックチェーン上に不動産情報を加えることで、コスト削減ができます。現在の不動産業界は、政府が管理者となり、不動産の登記情報の正確性を担保しています。

    しかし、ブロックチェーンを利用することにより、大規模な管理システムが不要になるため、データの管理にかかるコストを削減することができます。

     

    5.不動産市場が流動化

    ブロックチェーンによって不動産をトークン化することが可能になれば、情報を記録するだけではなく、所有権の移転やユーザー同士での取引が可能になります。

    不動産のトークン化とは、暗号資産をネット上で売買できる単位に変換することです。不動産がトークン化されると、契約に関する手続きや手間が削減され、不動産の流動性が高くなり、結果的に市場が流動化されることが期待できます。

     

    ブロックチェーン技術を不動産に活用した事例3選

    1.株式会社Zofuku

    株式会社Zofukuは、日本の土地や建物などの不動産取引を暗号資産で可能にするサービスを提供しています。ブロックチェーン技術と暗号資産を活用することで、可能な限りペーパーレスに、安全な不動産取引を行えるような仕組みをつくっています。

    参考:暗号資産決済の不動産売買仲介サービスを開始

     

    2.積水ハウス

    積水ハウスはブロックチェーンを活用した次世代不動産プラットフォームを構想しています。新しい住関連ビジネスの基盤づくりを進めており、通信会社、ガス会社、保険会社と連携し、不動産業界では初のブロックチェーン技術の構築を行っています。

    本人確認情報をブロックチェーン上で共有することで、賃貸契約の利便性を向上させ、住まいに関わる様々な手続きをワンストップ化できるプラットフォーム構築を進めています。

    参考:【積水ハウス】業界初 ブロックチェーンで賃貸入居の煩雑なプロセスをワンストップ化

     

    3.LIFULL

    株式会社LIFULLは、ブロックチェーンによって不動産情報を標準化しています。空き家や所有者不明の不動産問題の解決に向け、ブロックチェーンを用いた権利移転記録の実証実験を開始しています。

    参考:LIFULL、空き家・所有者不明不動産問題の解決に向け、ブロックチェーンを用いた権利移転記録の実証実験を開始

     

    ブロックチェーンが不動産業界の課題を解決

    今回は、ブロックチェーンと不動産業界にどう関わってくるのか解説しました。ブロックチェーンと不動産業界が組み合わさるサービスは今後より促進されていくと予測されます。

    今後も活用の幅が広がっていくと予想されるブロックチェーンと不動産の関係性を理解しましょう。

     

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから