スマートコントラクトとは? 仕組みや事例・メリット・デメリットを解説

スマートコントラクトとは、一定の条件を満たすと自動的に契約を実行する仕組みです。スマートコントラクトについてさらに理解を深めるためにも、本記事では仕組みや活用事例、メリット、デメリットについて徹底解説します!

投資や金融以外にも、ビジネスでスマートコントラクトを活用したい方、必見です。

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    スマートコントラクトとは何?

    スマートコントラクトとは何?

    スマートコントラクトとは、一定の条件を満たすと自動的に契約を実行する仕組みを意味します。契約にかかる複雑なプロセスも自動化でき、第三者を介すことなく契約を履行できます。

    近年では、暗号資産(仮想通貨)の基幹技術であるブロックチェーン技術と組み合わせ、さまざまな分野で導入され始めています。ここでは、スマートコントラクトへの理解を深めるためにも「スマートコントラクトの仕組み」と「ブロックチェーンとの関係性」について解説します。

     

    スマートコントラクトの仕組み

    スマートコントラクトはドリンクなどの自動販売機の仕組みに似ています。自動販売機の仕組みでは、表示された金額以上のお金を投入してボタンを押すと、商品とおつりがでます。

    つまり、スマートコントラクトは本来、買い手と売り手の間で必要な取引行動をすべて自動処理するのです。その結果として、人が契約に介することで生じる不正や改ざん、ミスなどを未然に防げます。

    さらに、取引の内容はすべて記録し常に公開されるため。極めて透明性の高い取引を実現可能です。

     

    ブロックチェーンとの関係性

    ブロックチェーンは、スマートコントラクトの技術によって支えられています。ブロックチェーンは情報を記録するためのデータベースの1つです。記録する情報をブロック単位でまとめて暗号化し、過去から1本の鎖のようにつなげることで取引履歴を正確に維持できます。

    しかし、ブロックチェーン自体には契約を実行する機能はなく、スマートコントラクトの技術を利用して自動契約しているのです。例えば、暗号資産(仮想通貨)の送金に必要な契約を自動で行うことで、決済の時間を短縮しています。

    さらに、スマートコントラクトによって取引内容の不正や改ざんを防いでいるのはもちろんのこと、仲介する人件費の削減にもつながっています。ブロックチェーンに関する詳細は次のページで解説してますので、ぜひ参考にしてみてください。

    【知らないと損する?】ブロックチェーンの仕組みを徹底解説!!

     

    スマートコントラクトを活用する4つのメリット

    スマートコントラクトを活用する3つのメリット

    「信頼性」と「透明性」を担保できるスマートコントラクトの活用には、さまざまなメリットがあります。主なメリットは次の4つです。

    • 不正や改ざんを防げる
    • 取引にかかる時間やコストを削減できる
    • 契約を電子化できる
    • 契約に中断が生じない

    ここでは、メリットごとの詳しい内容をみていきましょう。

     

    1.不正や改ざんを防げる

    スマートコントラクトは、取引にかかる不正や改ざんを未然に防げます。事前に定めた条件が満たされれば、仲介者を介すことなく自動的にプログラムが実行されます

    さらに、スマートコントラクトによる契約内容は、ネットワーク内に存在するすべてコンピュータに情報が記録され、どのコンピュータからも記録内容の確認が可能です。その結果として、情報共有が容易になり、不正や改ざんなどが起き得ない状況を作り出せます。

     

    2.取引にかかる時間やコストを削減できる

    スマートコンストラクトを利用すれば、第三者を介さない状態で契約を履行できるため、取引にかかる時間とコストを短縮できます。

    一般的な契約では相手への信頼が必要不可欠であり、仲介者や第三者を立てることで「信頼性」が担保されていました。ただし、仲介者や第三者にはその対価として「手数料」が必要です。

    しかし、仲介者や第三者を必要としないスマートコンストラクトによる契約では、手数料が発生しません。さらに、取引にかかる一連の手続きも省略でき、時間も大きく削減できます。

     

    3.契約を電子化できる

    スマートコントラクトを利用すれば、あらゆる取引の履行を電子化できます。昨今、テレワークなどの普及により、電子署名を始めとする取引の電子化を進める企業が増えてきました。

    これまで、紙媒体での契約を当たり前としていた分野でも、スマートコントラクトを使えば不正や改ざんのない状態で電子契約が可能です。電子署名がさらに進めば、契約書の管理にかかっていたコストやスペースの削減も期待できます。電子署名に関する詳しい内容は次のページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

    電子署名とは? 仕組みについてわかりやすく徹底解説します!

    4.契約に中断が生じない

    デジタルコンテンツなどでは、サーバメンテナンスの影響から翌日までダウンロードできないといった事態も考えられます。また、場合によっては、何らかの契約処理において中断が起こる可能性も否定できません。

    一方、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行するスマートコンストラクトにおいては、契約の中断といった概念がありません。何らかの条件が達成されたら取引が自動で行われるスマートコンストラクトならではのメリットといえます。

     

    スマートコントラクトが抱える4つのデメリット

    スマートコントラクトを活用する3つのメリット

    契約において多くのメリットがあるスマートコントラクトですが、いくつかのデメリットがあるのも事実です。主なデメリットに次の4つが挙げられます。

    • 契約を変更できない
    • 法整備が追いついていない
    • 個人の特定が容易になる
    • スケーラビリティ問題を抱えている

    ここでは、各デメリットの詳細を解説します。

     

    1.契約を変更できない

    スマートコントラクトの大きな特徴である「改ざんできない」という点は、デメリットにもなりえます。なぜなら、契約後に何らかの変更があった場合に、対応が難しいからです。

    スマートコントラクトによる契約は、プログラムコードによって命令されたコンピュータが自動的に実行します。しかし、このプログラムコードにバグや貧弱性があれば、ハッカーから攻撃を受ける可能性があるのです。

    事実、過去には「The DAO事件」と呼ばれるハッキング事件が発生しており、約50億円分の仮想通貨(暗号資産)が盗まれる事態となりました。

     

    2.法整備が追いついていない

    スマートコントラクトを活用するための法整備が追いついていない点もデメリットといえるでしょう。さまざまな契約は、各国の法律を元に行われます。

    しかし、プログラムによる契約の自動実行に対し「どう解釈して適応されるのか」「どの国の法律を基準とするのか」といった点が定まっていないのが実状です。

    ただし、2020年10月には「スマートコントラクト推進協会」が発足され、法整備への提言に動き出しています。今後の法整備の動きにも注目しましょう。

    参考:スマートコントラクト推進協会

     

    3.個人の特定が容易になる

    透明性の高さが特徴のスマートコントラクトは、個人の特定が容易になる可能性があります。なぜなら、暗号化されたデータはチェーンでつながった複数の参加者に情報が行き渡ってしまうからです。

    さらに、契約後の内容変更が難しく、個人情報の削除を求めたとしても消去すらできません。ただし、現在ではプライバシーの保護が重要な取引では、参加者の認証を実施するなどの対策が施されています。

     

    4.スケーラビリティ問題を抱えている

    スマートコントラクトは暗合資産と同様にスケーラビリティ問題を抱えています。スケーラビリティ問題とは、取引量が増えることでデータ処理が追い付かなくなる問題のことです。

    スマートコントラクトが普及するほどにデータ量が増加し、その結果としてトランザクションもそ比例して増加します。トランザクションの増加は処理にかかる時間も増大させ、スマートコントラクトによる取引を遅延させる恐れがあるのです。

     

    スマートコントラクトを活用した4つの事例

    スマートコントラクトを活用した3つの事例

    スマートコントラクトとブロックチェーンの組み合わせは相性が良く、さまざまな分野で利用され始めています。代表的な活用の事例は、次の3つです。

    • DAO(分散型自動化組織)
    • DApps(分散型アプリケーション)
    • DEX(分散型取引所)
    • レンディング

    ここでは、契約にかかる手間や時間、コストなどの大幅な削減につながるスマートコントラクトの活用事例に関する内容を詳しく解説します。

     

    事例1.DAO(分散型自動化組織)

    DAOとは(Decentralized Autonomous Organization)」の略で、日本語では「分散型自動化組織」と訳します。共通の目的を持ち、管理者がいなくとも自律的に動き続ける組織のことです。

    例えば、一般的な企業における意思決定は、CEOや社長といったリーダーが下します。一方、DAOの場合は個人的な意思決定ではなく、株主や経営者、従業員、顧客といったステークホルダーが投票を基に決定するのです。

    暗号資産(仮想通貨)のコミュニティ内ではすでにDAOが活用され始めています。今後は、さまざまな分野で階層が存在しないDAOによる経営や運営が実施される可能性があります。

    DAOに関する詳しい内容は次のページで解説しています。

    【DAO(自律分散型組織)とは】DAOの特徴と実例を徹底解説します!

     

    事例2.DApps(分散型アプリケーション)

    DAppsとは「Decentralized Applications」の略で、日本語では「分散型アプリケーション」と訳します。ブロックチェーン上で利用し、管理者が存在しなくても稼働できるアプリケーションのことです。

    DappsにはSNSやゲーム、生産性向上ツールなど、通常の Webアプリと同じくさまざまな種類が存在します。また、DAppsは分散型の金融サービスにアクセスするためのツールとして開発されるケースも多いです。

    ブロックチェーン上で稼働されているため、暗号資産(仮想通貨)をアプリ内でやりとりしたり、操作ログや情報を永遠に保存したりといったことが実現できます。さらに、管理者や仲介者を必要とせず、匿名の2者間で取引を完了できます。よって、中央集権的組織に情報が集約されることもありません。

    Dappsに関する詳しい内容は次のページで解説しています。

    DAppsとは?特徴やメリット、活用を期待される分野まで徹底解説!

     

    事例3.DEX(分散型取引所)

    DEXとは「Decentralized Exchange」の略で、日本語では「分散型取引所」と訳します。一般的な暗号資産(仮想通貨)の取引は、特定の企業が管理する取引所内で暗号資産(仮想通貨0を保管する場所の「ウォレット」を作成します。

    また、暗号資産(仮想通貨)の所有者であることを証明する「秘密鍵」も同じく特定の企業が管理する取引所で管理されるのです。

    しかし、DEXはスマートコントラクトを活用することで、ユーザー自身でウォレットや秘密鍵を管理できます。その結果として、システムのバグやミスによる秘密鍵の流出、取引所の倒産などのリスク回避が可能です。

    取引所を介さずスマートコントラクトによって取引するからこそ、安全性の高い取引が実現できる好例といえるでしょう。

     

    事例4.レンディング

    レンディングとは日本語で「貸出」を意味する金融業界の用語です。一般的には、株式や債券などの有価証券を証券会社などに貸し付け、その見返りに利子に相当するものを受け取る仕組みを意味します。

    暗号資産の世界におけるレンディングもスマートコントラクトにより、実現されています。暗号資産を預け入れると、その引き換えにをトークンを受けとるのです。そして、暗号資産を引き換える際に預けた額のプラス利息が受け取れます。

     

    スマートコントラクトの将来性に期待

    世の中には、数多くの「契約」が存在します。その契約が「不正や改ざんを防げる」や「取引時間やコストを削減できる」といった特徴を持つスマートコントラクトによって自動実行できるとなれば、多くの分野で変革が起きるでしょう。

    スマートコントラクトは世界中で浸透する可能性のある将来性の高い技術です。スマートコントラクトの将来性に着目し、自社を取り巻く市場にどう活かせるかをぜひ検討してみてください。

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから