Society 5.0とは?仕組みや目的、事例から未来の生活を考えよう!

Society 5.0(ソサエティ5.0)とは、目指すべき未来像として世界中に広まっている取り組みです。実現すれば少子高齢化や温室効果ガスなど、現代におけるさまざまな課題の解決につながるとして期待を集めています。そこで、当記事ではSociety 5.0への理解を深めるためにも概要や事例、日本におけるアクションプランなどを紹介します。

 

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    Society 5.0の概要

    豊かで暮らしやすい社会であるSociety 5.0。そんなSociety 5.0に関する概要を理解するためにも、次の5項目に分けました。

    • Society 5.0とは
    • Society 5.0までの軌跡
    • Society 5.0の仕組み
    • Society 5.0の目的
    • 日本におけるアクションプラン

    いずれもSociety 5.0が人々の暮らしや企業活動にどのような影響を与えるかを知るために欠かせないポイントばかりです。それぞれの詳しい内容について解説します。

     

    Society 5.0とは

    Society 5.0とは「仮想空間(サイバー空間)」と「現実空間(フィジカル空間)」を高い次元で融合させ、超スマート社会に向けた一連の取り組みのことです。

    Society 5.0は、政府が2016年1月に発表した第5期科学技術基本計画において初めて提唱されました。もともとは科学技術政策内での考えであったものの、目指すべき未来像として世界中で広まりつつあります。

    さらに、現在では政府だけでなく、産業界や学術界が一丸となってSociety 5.0を進めています。

    引用:Society 5.0 -ともに創造する未来- | Policy(提言・報告書) | 一般社団法人 日本経済団体連合会 / Keidanren

     

    Society 5.0までの軌跡

    Society 5.0に至るまでのおおまかな軌跡についてみていきましょう。

    • Society 1.0:狩猟社会を意味し人類が狩りによって生活していた原始的な社会
    • Society 2.0:農耕社会を意味し稲などの穀物や野菜を育てていた農耕生活が主体の社会
    • Society 3.0:工業社会を意味し産業革命後、科学や機械の発展によって工業化した社会
    • Society 4.0:情報社会を意味し、ネットの普及や情報技術の発達によって世界中がネットワークにつながりやりとりできる社会

    Society 5.0は、これらの社会を土台とした新社会のことを指します。

    引用:Society 5.0 -ともに創造する未来- | Policy(提言・報告書) | 一般社団法人 日本経済団体連合会 / Keidanren

     

    Society 5.0の仕組み

    前述のとおり、Society 5.0は「仮想空間(サイバー空間)」と「現実空間(フィジカル空間)」を高い次元で融合させることによって実現します。Society 4.0では人がネットから仮想空間にあるクラウドサービスへアクセスして情報やデータの入手・分析を行っていました。

    一方、Society 5.0では現実世界のセンサーからさまざまなデータを仮想空間に蓄積します。そして、仮想空間ではAI(人工知能)がデータを分析し、その結果が現実世界の人間に提示されるようになります。

     

    Society 5.0の目的

    Society 4.0では、現実世界から仮想空間にアクセスが可能となりました。しかし、活動領域には限界があり、人が有用な情報の収集・分析するのは非常に非効率です。

    また、分析結果の精度も分析する人の能力に左右されるため、受ける恩恵にも格差が生じているという問題がありました。一方、Society 5.0ではSociety 4.0における課題を克服することで、経済の発展と社会課題の解決の両立を図り、豊かさと暮らしやすさの実現を目的としています。

     

    日本におけるアクションプラン

    Society 5.0実現に向けた日本のアクションプランは次のとおりです。

    • 企業:SDGsの貢献や組織・働き方、雇用慣行の変革など
    • 人:リカレント教育の推進やリテラシーの向上、平等主義・文理分断からの脱却など
    • 行政・国土:国土の分戦化やデジタルガバメント
    • データと技術:現実空間から仮想空間への展開や様々なデータ共有など

    日本はSociety 5.0の実現を主導できるとされている能力を持っているものの、上記の4項目については今後の変革が必要とされています。

     

    Society 5.0が解決する5つの課題

     

    世界が目指すべき未来の社会像であるSociety 5.0が解決する課題として、次の5つが挙げられます。

    • 持続可能な産業化の促進と人手不足
    • 温室効果ガスの排出
    • 少子高齢化の進行
    • 地域間で生じる格差
    • 食料の増産やロスの低減

    ここでは、それぞれの課題について詳しくみていきましょう。

     

    1.持続可能な産業化の促進と人手不足

    Society 5.0の解決すべき課題として挙げられるのが「持続可能な産業化の促進と人手不足」です。SDGsに沿った持続可能な産業化を促進するには、生産や物流、消費といったサプライチェーンを効率的かつ精度高く管理する必要があります

    これは少子高齢化にともなう人手不足が背景にあり、解決にはAIやIoTといった最先端技術の活用が欠かせません。Society 5.0の実現は人手不足の解消や持続可能な産業化への促進に直結します。

     

    2.温室効果ガスの排出

    Society 5.0の一部であるスマートシティの取り組みとしてエネルギーの効率的な利用も始まっています。具体的な取り組み事例として挙げられるのが、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの主力電源化や最新技術を活用した環境イノベーション戦略の推進です。

    これらの取り組みによって脱炭素社会(カーボンニュートラル)を目指しており、温室効果ガスの排出は、Society 5.0で解決できる問題の1つとされています。

     

    3.少子高齢化の進行

    日本の高齢化率は世界で最も高く、総務省によれば2019年9月時点の高齢者(65歳以上)人口割合は「約28%」にのぼり、今後も増加すると予想されます。そのため、少子高齢化は労働人口減少による人手不足の進行だけでなく、医療・介護の需要増加にもつながるでしょう。

    しかし、医療・介護の需要増加に伴って課題となるのが、医療・介護の従事者不足です。人口減少によって地域医療格差も広がりつつあり、Society 5.0ではロボットやAIの活用によってオンラインによる遠隔医療・診療が推進されています。

    これらの取り組みが全国に行き渡れば社会コストの増加や人手不足の課題が克服され、その結果として、地域格差のない医療体制の構築が図られます。

    参考:1 高齢化の現状と将来像|令和2年版高齢社会白書(全体版) – 内閣府

     

    4.地域間で生じる格差

    地域格差は医療の分野だけではありません。都市部に人口が集まり地方の人口が減少すれば、当然のように地域の財力は低下します。

    その結果として、電車や路線バスをはじめ、公共サービスなどの整備・維持は難しくなるでしょう。公共サービスが機能しなければその不便さから人が離れ、さらに格差が広がるという悪循環に陥りかねません。

    そこで、Society 5.0では、地域間で生じる格差をなくす取り組みも始まっています。代表的な事例として挙げられるのが、自動運転バスです。

    現在のバス業界は人手不足によるドライバー不足が顕著です。さらには、人口減少によって該当路線の採算が取れないバス会社もあり、公共サービスの維持が困難になりつつあります。

    しかし、自動運転を導入すればドライバーを確保せずとも運行でき、地方の人口が減少しても快適な暮らしを維持できる可能性があるのです。

     

    5.食料の増産やロスの低減

    食料増産やロス削減もSociety 5.0の大きな目標の1つです。消費者庁によれば、日本の食品ロスは年間で「約643万トン」にものぼります。また、世界の食品ロスは年間で「約13億トン」を超え、生産される約1/3が廃棄されている計算です。

    これらの問題解決に向けてSociety 5.0で取り組んでいるのがスマート農業です。スマート農業とは、ICT(情報通信技術)やロボットを活用によって効率的かつ計画的に生産する新しい農業の形を意味します。

    生産量の増産が期待できるだけでなく無駄な生産を抑えられ、食品ロスの削減にも大きくつながります。

    参考:食品ロス削減関係参考資料

     

    Society 5.0を支える10の技術

    サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたSociety 5.0を支える主な技術として、次の10つが挙げられます。

    • ビッグデータ
    • IoT
    • AI
    • ロボット
    • 5G
    • ドローン
    • XR
    • 自動運転
    • キャッシュレス決済
    • ブロックチェーン

    いずれの技術もSociety 5.0の実現に欠かせません。各技術の詳しい内容について解説します。

     

    1.ビッグデータ

    ビッグデータとは「Volume(データ量)」「Variety(データの種類)」「Velocity(データの発生頻度・更新頻度)」の3つのVから成り立つ巨大なデータ群のことです。膨大かつさまざまな種類の解析可能なデータを日々収集・蓄積することでビッグデータとなります。

    Society 5.0ではAIの活用が必須です。ただし、AIによる分析データを使って課題解決へと導くには膨大なデータの蓄積がセットであり、Society 5.0の実現にも欠かせない技術の1つといえるでしょう。

     

    2.IoT

    IoT(Internet of Things)とは、スマホやパソコン、家電、車などあらゆるモノがインターネットに接続・通信され、収集された情報をもとに最適に制御する仕組みのことです。IoTが進めば、あらゆるモノからデータを収集できます。

    そして、収集したデータを蓄積したものがビッグデータとなり、さまざまな分野での活用、や連携が可能です。自宅のインターフォンとスマホをインターネットでつないで監視するなどIoTの活用事例は多くあり、業種や業界を問わず活用の幅はますます広がっていくと予想されます。

     

    3.AI

    AI(Artificial Intelligence)とは、いわゆる人工知能のことです。明確な定義は定まっていないものの、高レベルな情報処理能力と機械学習をはじめとする学習機能によって必要な時に欲しい情報を提供するために欠かせない技術といえます。

    高度な分析や予測に効果を発揮するAIは、今後もあらゆる分野で実用が進むと予想されます。

     

    4.ロボット

    Society 5.0では、ロボットと共存する社会になるといわれています。人間のような手や足などを持つサービスロボットや工場で活用される産業用ロボット、AI搭載のスマートロボットなどその種類はさまざまです。

    Society 4.0までのロボットと大きく異なるのは「人を助ける」という点です。従来のロボットは人を介して操作しなければ動作しませんでした。

    一方、Society 5.0におけるロボットは自動で動くのが前提にあり、人が操作する必要がありません。人を介すことなく自動稼働できるようになれば、人手に関するさまざま問題解決に役立てられるでしょう。

    今後はロボットの利用がさらに一般化していくと考えられ、将来は1人1台ロボットを持つ時代になるかもしれません。

     

    5.5G

    5Gとは「第5世代移動通信システム」を意味し、現在利用されている通信規格・4Gの進化系にあたる通信手段です。4Gでは遠距離間で通信する際、タイムラグが発生するという課題がありました。

    一方の5Gはタイムラグを最小限に留められ、リアルタイムでのデータ通信が強化されています。IoTや遠隔医療といった分野ではリアルタイムデータ通信が必要不可欠であり、Society 5.0の実現にも必須の技術といえるでしょう。

    5Gに関する詳しい内容は次のページで解説しています。ブロックチェーンとの関係性にも言及していますのでぜひ参考にしてみてください。

    ブロックチェーンと5Gの組み合わせがもたらす将来とは?期待される3つの分野も紹介

     

    6.ドローン

    ドローンは無人航空機の総称で、個人から企業に至るまで世界中で活用が進められている技術です。現段階では、農薬散布や野菜の発育監視といった分野で多く活用されています。

    また、今後は物流分野での活用に大きな期待が集まっており、過疎地域や高齢者が多い地域を中心にドローンで宅配するという実証実験がはじまっています。これまでトラックで配送されていた荷物が、ドローンによる配送に置き換わる未来もそう遠くないといえるでしょう。

     

    7.XR

    XR(クロスリアリティ)とは、現実世界と仮想世界を融合させることで現実世界にはないものを知覚できる技術の総称です。

    「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実」「MR(複合現実)」「SR(代替現実)」といった先端技術はすべてXRに含まれています。中でも「VR(仮想現実)」と「AR(拡張現実)」は、Society 5.0に大きな影響を与える技術といえます。

    XRに注目が集まる理由や構成技術、ビジネスシーンでの活用事例は次のページで紹介しています。

    XRとは?注目が集まる理由や構成技術、ビジネスシーンでの活用事例を徹底紹介!

     

    8.自動運転

    自動運転もSociety 5.0の実現には欠かせない技術です。自動運転とは、AIの活用によって人の手がなくても目的地まで自動操縦する技術と意味します。

    高速道路などの場所は限定されているものの、自動運転はすでに導入されており、人が操作しなくてもスピードを加減速したり、車線変更したりすることが可能です。完全な自動運転が実現すれば人手不足の解決につなげられ、交通インフラの維持や交通事故の抑制にもつながります。

     

    9.キャッシュレス決済

    キャッシュレス決済もSociety 5.0を支える技術の1つです。キャッシュレス決済とは、クレジットカードやPayPayなどのQRコード決済、交通系などの電子マネーなど、現金以外で支払いを行う決済手段を指します。

    現在でも幅広く浸透しているキャッシュレス決済ですが、Society 5.0ではよりキャッシュレス化が進むとされます。すでに無人だけでなく、レジさえも設置しない店舗も誕生し始めました。キャッシュレス決済がさらに進化したSociety 5.0においては、レジという概念がなくなる可能性もあります。

     

    10.ブロックチェーン

    ブロックチェーンとは、分散型ネットワークを構築している複数台のコンピューターと仮想通貨を組み合わせて取引データなどを記録する手法のことです。1つのサーバーでデータを一括管理している従来のシステムと違い、ブロックチェーンではデータを複数のコンピューターへ分散して管理できます。

    そのため、ハッキングされにくくデータの改ざんができないため、信頼性の担保が可能です。主に暗合資産に使用されている技術でしたが、技術の進歩にともなって活用分野が広がっています。

    耐改ざん性の高さを特徴にもつブロックチェーン技術は、仮想空間(サイバー空間)と現実空間(フィジカル空間)」を高い次元で融合させるために欠かせない技術の1つです。

    ブロックチェーンの基本と種類については次のページで詳しく解説しています。

    【2022最新版】ブロックチェーンの基本と種類を徹底解説します!

     

    各分野におけるSociety 5.0の事例

    人類社会が次のステージへ向かうきっかけとなりえるSociety 5.0。そんなSociety 5.0の実現に向けた事例として、次の8つを取り上げます。

    • 医療やヘルスケア
    • 交通
    • 農業
    • 金融
    • エネルギー
    • 防災
    • 公共サービス
    • 食品

    Society 5.0の実現が自身のビジネスにどう活かせるのかを理解するためにも、事例ごとの詳しい内容についてみていきましょう。

     

    1.医療やヘルスケア

    医療やヘルスケア分野ではSociety 5.0の実現に向けて、ICTの活用が進んでいます。ICTの活用によって推進されるのが介護サービス用のスマートホーム化です。介護者が住んでいる家をインターネットと接続することで、情報をリアルタイムに収集できます。

    例えば、排泄センサーやベッドセンサーなどを取り付けることで、尿量確認や睡眠時の動静などを遠隔地からでも確認可能です。また、タブレットを利用してのオンライン診療やドローン・無人運転車による薬の配布も進められています。

    また、近年は治療よりも予防に重点が置かれており、ウェアラブルデバイスを利用して心拍数などの情報を収集し、日々の生活や健康支援も行えるようになってきました。

    医療分野では、ブロックチェーン技術を活用した変革の動きが加速しています。国内外の事例や医療とブロックチェーンの組み合わせが生み出すメリットについて次のページで解説しています。

    医療分野へのブロックチェーン活用 国内外の動向について解説

     

    2.交通

    Society 5.0における交通は大きく2つに分けられます。

    1つ目は自動運転技術です。完全な自動運転の実現によって、過疎地域や高齢者が多い地域の交通インフラの維持・整備が可能となる他、交通事故の抑制が期待されています。

    2つ目がモビリティです。モビリティとは、交通手段や移動手段に関するモノ・コト全般を意味します。

    現在はITを活用してモビリティによって効率的かつ快適な移動を目指す取り組みが進められています。その代表的な事例として「MaaS(マース)」が挙げられます。

    MaaSとは、バスや電車などの公共交通機関だけでなく、タクシーやカーシェアリングなどあらゆる交通サービスを一元管理したシステムです。目的地までの移動手段検索から支払いまでをすべてスマホなどで完結できます。

    また、自動車業界におけるブロックチェーン活用は、私の生活に大きな変化をもたらす可能性があります。自動車業界とブロックチェーンの関係性や実際の活用事例などは次のページを参考にしてみてください。

    自動車業界のブロックチェーン活用事例5選!Iotとの連携にも注目!

     

    3.農業

    人手不足が深刻化している農業では、作業の効率化や生産性向上が必須であり、Society 5.0の事例が多い分野の1つです。代表的な事例としては、自動走行トラクターやドローンの利用が挙げられます。

    また、AIを活用した野菜の発育判断などさまざまな事例があり、最新技術を上手く活用することで、作業の効率化や人手不足の解消につながるとして推進が急がれています。

     

    4.金融

    金融は、特にAIの活用が進んでいる分野です。例えば、資産をAIが管理して適切な運用を長期的に行えるロボアドバイザーやAIがビッグデータをもとに帳簿を作成してスマホからお金の流れを確認できる会計システムなどがあります。

    銀行員の手間を省くために銀行の融資審査にAIが導入されはじめており、金融分野におけるSociety 5.0の事例は今後もさらに増えていくでしょう。

     

    5.エネルギー

    エネルギー分野でもすでにAIが導入されています。例えば、効率的に電力供給するためのコントロールはAIが行っている他、家族構成や保有家電などをもとに電力使用量のデータ化を図る家庭向けのAI技術も開発されました。

    Society 5.0ではさらに活用の幅が広がり、気象情報やEVの充放電、発電所の稼働状況などの情報を含むビックデータをAIで解析するとされています。

    AIによって解析すれば、需要や供給に関する正確な予測ができ、エネルギーの安定供給や各家庭における最適化が急速に進むでしょう。

     

    6.防災

    Society 5.0では、人工衛星や気象レーダー、ドローンの被災地観測などのビッグデータをAI解析することで、被害状況や避難所までの安全な経路といった情報の提供が可能です。

    また、ロボットによる救助活動やドローン・無人配送車による救援物資の配送なども実現できるため、被害の軽減や早期復興にも役立てられます。特に、日本は地震や火山、台風など災害が多い国であるため、防災分野への取り組みは重要なポイントといえます。

     

    7.公共サービス

    住民の満足度向上を目的に、公共サービスでも最新技術が導入されつつあります。例えば、福島県の会津若松市では、AIによる自動応答サービスを導入しました。

    同サービスは、LINEの対話形式で問い合わせや発行手続き方法に答えます。人の手を必要としないことから、24時間365日いつでも対応可能です。

    また、問い合わせの内容や年代などをビッグデータとして蓄積して分析することで、公共サービスの向上に役立てられています。

     

    8.食品

    食品情報や個人のアレルギー情報、在庫情報、市場情報などのビッグデータをAI解析することで、アレルギーや個人の好みに合わせた食品提案や食材管理が可能です。また、顧客ニーズに合わせた生産・発注、在庫管理が可能となるため、社会全体で食品ロスの削減にも大きな効果を期待できます。

    さらに、個人の健康状態に合わせた料理提案も行えるため、医療やヘルスケア分野とも連携が可能です。

     

    Society 5.0は既存技術の延長線上にある

    Society 5.0は仮想空間(サイバー空間)と現実空間(フィジカル空間)を高い次元で融合させた社会です。「AI」「ロボット」「ドローン」「自動運転」といった最先端技術が当たり前のように使用される理想的な世界といえるでしょう。

    また、いずれもSociety 4.0で誕生した技術で実証実験や活用事例が急速に増えています。つまり、Society 4.0における既存技術の延長線上にあるSociety 5.0は、夢物語ではなく実現可能な世界なのです。Society 5.0の実現によって格差のない持続可能な社会が来ることを期待しましょう。

     

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから