XRとは?注目が集まる理由や構成技術、ビジネスシーンでの活用事例を徹底紹介!

XRとは現実世界と仮想世界を融合し、新たな体験を創出する技術の総称です。著しい技術進化を遂げ、日常生活にも普及しつつあるXRについて理解を深めるためにも、歴史や構成する技術、活用事例などについて解説します。

さまざまな分野で革新を起こしつつあるXRをビジネスに活用したい方には必見の内容です。

 

BLOCK CHAIN

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    XRとは?

    XRとは「Cross Reality」の略語で、エックスアールもしくはクロスリアリティと読みます。VRやAR、MRといった現実世界と仮想世界の融合によって現実にはないものを知覚できる技術の総称のことです。

    近年、目にする機会が多くなったXRについて理解を深めるためにも、ここではXRの背景にある歴史や注目が集まる理由について解説します。

     

    XRの背景にある歴史

    XRの歴史は「VR(仮想現実)」という概念から始まります。仮想現実の世界は1900年代から多くのSF作品で描かれ、1968年には両眼に覆いかぶせるように装着して立体画像などを演出する「ヘッドマウントディスプレイ」が発明されていたことには驚かされます。

    その後も実装に向けて技術開発が続けられ、2016年には家庭用ゲーム機向けの「PlayStation VR」などが登場したものの、価格や技術面の課題から本格的な普及には至りませんでした。

    また、時期を同じくして「AR(拡張現実)」の普及が始まります。ARはスマホとの相性がよく、ゲームを始めとするさまざまなアプリが開発されて話題になりました。現在では、「MR(複合現実)」「SR (代替現実)」「DR(減損現実)」といった新たな概念も登場しており、いずれも社会実装のフェーズへと近づいています。

     

    XRに注目が集まる理由

    近年、XRに注目が集まる理由として「デバイスやソフトの進化」と「通信環境の大幅な進化」の2つが挙げられます。過去のデバイスやソフトを使った仮想世界の映像と現実世界では、大きな乖離が生じていました。

    しかし、XR関連のデバイスやソフトの技術革新によって解像度や視野角、音響などが改善され、現実世界さながらの臨場感を体感できるようになったことが利用シーンを一気に拡大させています。

    また、XRを活用したインターネットコンテンツの配信には、大容量・低遅延の通信環境が欠かせません。現在は5Gを始めとする大容量・低遅延の通信環境の構築が急速に進んでおり、XRの普及を後押ししています。

    さらに、XRを活用したリモートワークやイベントに対する需要の高まりもあり、新たなコミュニケーションの手段としてXRに期待が集まっています。

     

    XRを構成する5つ技術

    現実世界と仮想世界を融合し、新たな体験をつくり出すXR。そんなXRを構成する技術として、次の5つが挙げられます。

    • VR(仮想現実)
    • AR(拡張現実)
    • MR(複合現実)
    • SR (代替現実)
    • DR(減損現実)

    ここでは、それぞれの先端技術における概念について解説します。

     

    1.VR(仮想現実)

    引用:仮想世界と現実をつなげる「XR」とは? VR/AR/MRとの違い、メタバースとの関係性も【事例6選】 | SELECK [セレック]

    VRは「Virtual Reality」の略語で、日本語では「仮想現実」と訳されます。CGや3D技術といった人工的に作られた仮想空間を現実かのように体験できる技術のことです。

    専用ゴーグルを装着して視界を覆い、360°の映像を映すことで実際にその空間にいるような感覚を得られます。最近では映像内で自由に移動したり、ものを動かしたりといった人間の五感を刺激する体験も可能となっており、より高い没入感を得るための開発が進められているのです。

    VRの活用の幅は広く、エンターテインメントはもちろんのこと、ビジネスや医療などにも利用されています。

     

    2.AR(拡張現実)

    ARは「Augmented Reality」の略語で、日本語では「拡張現実」と訳されます。実際の画像や映像にCGで作成した3D映像やキャラクターなどを重ね、現実世界に現れたように見せる技術です。

    仮想世界を現実のように見せるVRとは異なり、ARは実際の風景に対して視覚情報を付加し、現実世界を仮想的に拡張しているのが特徴です。「ポケモンGo」や「SNOW」といった人気スマホアプリもこのARを活用しています。

    また、近年では地図情報のARを表示させたり、自分の部屋に家具の画像を重ねたりといったARアプリも続々と登場しており、活用の幅をさらに広げています。

     

    3.MR(複合現実)

    MRは「Mixed Reality」の略語で、日本語では「複合現実」と訳されます。人工的に作られる仮想世界と現実世界を融合させる技術です。ARは現実世界に仮想世界の情報を表示させて現実を「拡張」するのに対し、MRはより密接に「融合」する点に違いがあります。

    たとえば、現実世界の景色に3D映像を浮かび上がらせたり、自分が動くことで仮想世界と現実世界のいずれも行動できたりなど、どちらの世界も相互に影響し合っているのがMRの特徴です。

    バーチャル情報をよりリアルに感じられるMRは、建設や製造、医療といった分野におけるシミュレーション精度の向上につながるとして期待されています。

     

    4.SR (代替現実)

    SRとは「Substitutional Reality」の略語で、日本語では「代替現実」と訳されます。現実世界に過去や未来、虚構の情報を重ね合わせることで、あたかも今起きているかのように錯覚させる技術です。

    他の技術との違いは、SRの映像を見ている人が非現実であることを認識していない点です。過去と現在の情報が入り乱れ、仮想現実と現実世界の区別がつかない状態になります。

    SRにおける錯覚は医療分野でも注目を集めており、新しいタイプの心理療法としての活用が期待されている技術の1つです。また、過去と現実を重ね合わせる新たな映像体験は、新しいビジネスを生みだす可能性もあります。

     

    5.DR(減損現実)

    DRとは「Diminished Reality」の略語で、日本語では「減損現実」と訳されます。実際に存在する物体を隠蔽や消去、透過によって存在しないかのようにする技術です。

    実際の画像や映像に3D映像やキャラクターなどを重ね、現実世界に現れたように見せるARとは真逆の技術であり「消すAR」とも呼ばれています。このDRの技術を活用し、テレビやPCの画面に映るものだけを見えなくするメガネ型のデバイスなども登場しています。

    現代社会では意図せずとも目に入ってくるさまざまな情報を強制的に遮断するDRが今後どのような分野に活用されていくのか注目しましょう。

     

    XRによって成長が見込まれる5つの領域

    新しい顧客体験や製品開発に活用されているXRは、さまざまな分野の市場を拡大させる可能性があります。XRによって成長が見込まれる領域は次の5つです。

    • IoTやシミュレーションモデリング
    • 5G
    • 補助やトレーニング
    • コミュニケーション
    • ブロックチェーン

    ここでは、領域ごとの詳しい内容についてみていきましょう。

     

    1.IoTやシミュレーションモデリング

    あらゆるモノをインターネットに接続する技術の「IoT」やシステムをデジタルで表現した実験を意味する「シミュレーションモデリング」といった領域は、XRによって成長が見込まれます。

    例えば、MRの技術を用いて建設現場に3Dデータを表示し、部材や設備が図面通りに配置されているかを確認したり、ARグラスを使って正しい手順を確認しながら作業を進めたりといったことが可能となります。

     

    2.5G

    5Gは「5th Generation」の略語で、第5世代の通信技術のことです。高速大容量や多接続といった特徴を持つ5Gはあらゆるモノのインターネット接続を可能とし、5GとXRの組み合わせはメディア市場の拡大に大きな影響を与える可能性があります。

    イギリスに本社を置く調査会社の「Ovum(オーバム)」が公開した「How 5G Will Transform The Business of Media & Entertainment」によると、2028年まで5Gにより世界のメディア収益が追加で7650億ドル伸びると発表しています。

    これまでニッチであったXR市場が、3Gや4Gから市場を奪うであろう5Gによって一気に拡大する可能性があることを示しているのです。ちなみに、5Gについては次のページでも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    ブロックチェーンと5Gの組み合わせがもたらす将来とは?期待される3つの分野も紹介

     

    3.補助やトレーニング

    現実空間における技術を実践するためのシミュレートができるXRは、さまざまな仕事の補助やトレーニングに大きなインパクトを与えます。これまで、労働者にとって高いリスクのあった作業でも、仮想空間内であれば安全性を担保しながらのトレーニングが可能です。

    例えば、災害に関する救助や避難といった緊急かつ危険な状態にシナリオを組み込んで疑似体験することもできます。また、ビジネスシーンにおいては商談のトレーニングや補助に活用でき、XRを通じた従業員満足度の向上にもつながります。

     

    4.コミュニケーション

    離れた場所でも「場」を共有できるXRの技術は、これまでにはない新たなコミュニケーションの形態をつくる可能性があります。例えば、アバターを使った仮想空間での会議やプレゼンテーション、商談といったビジネス上のコミュニケーションは、バーチャル空間内で完結させることもできます。

    また、資料や画面などの共有もさらに容易になり、ARやMRを利用した共同編集や共同作業が当たり前の時代が到来するかもしれません。さらに、SRの活用によって場所だけでなく時間軸の異なるコミュニケーションも可能になれば、組織の在り方やマネジメントにも好影響が生じるでしょう。

     

    5.ブロックチェーン

    ブロックチェーンとは情報をブロック単位でまとめて暗号化し、過去から1本の鎖のようにつなげることで取引履歴を正確に維持する技術のことです。データの改ざんや不正が極めて難しく、その仕組みや技術は高いセキュリティの担保にもつながるとして、さまざまな分野において活用が広がっています。

    そんなブロックチェーンとXRの統合は、仮想空間におけるプラットフォームの構築には欠かせない要素です。プラットフォームでの決済や交換、売買などの透明性を担保するには、高いセキュリティを維持できるブロックチェーンの特徴が安心感を生みます。

    つまり、XR分野の普及が進むほどにブロックチェーンの需要も高まり、互いが相互補完する形で成長する可能性があるのです。ブロックチェーンに関するさらに詳しい内容は次のページで解説しています。

    【ブロックチェーンとは】ブロックチェーン企業の社長に聞いてみた〜アーリーワークス〜

     

    XRとブロックチェーンを融合した4つのサービス

    双方に強く影響しあうXRとブロックチェーンを融合したサービスとして、次の4つが挙げられます。

    • MARK.SPACE(マークスペース)
    • Decentraland(ディセントラランド)
    • Scanetchain(スキャネットチェーン)
    • AirCoin(エアコインズ)

    新しい仮想世界を作る前提となるXRとブロックチェーンについてさらに理解を深めるためにも、ここでは各サービスの特徴について詳しく解説します。

     

    1.MARK.SPACE(マークスペース)

    1.MARK.SPACE(マークスペース)

    「MARK.SPACE」とは、仮想空間内に居住区を購入して所持できるプラットフォームです。「住宅区」「ビジネス区」「コミュニティ区」「ショッピング区」「教育区」といったように居住区が分けられ、従来の硬貨や紙幣の代わりとして発行される暗号資産の「MRK」が活動の基盤となります。

    NikeやSamsungといった大企業との提携を進め、将来的にはバーチャル空間内でのショッピングモールなどを展開するとしています。

    参考:MARK.SPACE Japan

     

    2.Decentraland(ディセントラランド)

    2.Decentraland(ディセントラランド)

    「Decentraland」とは、仮想空間内で土地を購入し、自由にプログラミングで加工できるプラットフォームです。概念は前述の「MARK.SPACE」に近いものの、自身のプログラミングによって空間を作る点で大きく異なります。

    ゲームに明確なゴールは設定されておらず、自由に仮想世界を遊び尽くす内容となっています。さらに、ゲーム内では暗号資産の「MANA」によってアイテムや土地が取引され、稼いだMANAを現実世界のお金に換金することも可能です。

    参考:Decentraland

     

    3.Scanetchain(スキャネットチェーン)

    3.Scanetchain(スキャネットチェーン)

    「Scanetchain」とは、ブロックチェーンとXRを使った商用プラットフォームです。例えば、広告動画の視聴によって暗号資産の「SWC」が発行され、ショッピングに利用できます。

    動画以外にも、ゲームや音楽、画像といったさまざまプラットフォームとつながり、普段の生活における消費をブロックチェーンとARの融合によって応用しようとしています。

    参考:Scanetchain

     

    4.AirCoins(エアコインズ)

    4.AirCoins(エアコインズ)

    「AirCoin」とは、地図上に落ちている暗号資産を集めるゲームです。暗号資産版の「ポケモンGO」といったほうがイメージしやすいかもしれません。

    今後は、暗合資産をAR空間のマップ上に落としたり、アプリ内での通貨の取引や換金したりといった新たな機能追加も予定しているようです。今後の進展に期待されます。

    参考:Aircoins

     

    ビジネスシーンにおけるXRの活用事例10選

    ここからは、実際のビジネスにおいてXRを活用している次の10社の事例について紹介します。

    • 京セラ
    • トヨタ自動車
    • ケンタッキーフライドチキン
    • 伊藤忠インタラクティブ
    • アクセンチュア
    • 三越伊勢丹
    • 大丸松坂屋百貨店
    • 京王電鉄
    • 小田急電鉄×docomo
    • LGディスプレイジャパン

    いずれも自社のビジネスにXRを活かすための参考となるものばかりです。事例ごとの詳しい内容についてみていきましょう。

     

    1.物流の効率化「京セラ」

    日本のセラミック業界をリードする京セラでは、アナログ業務の見直しを図るためにAR技術の活用した「物流の効率化」を目指しています。

    その1つとして、受入チェックと出荷業務にかかるデータ照合の無駄に着目し、スマートグラスに拡張現実(AR)の技術を組み合わせたソリューションを導入しました。その結果として、データ照合に要する人の移動や確認作業の手間が減り、作業時間の大幅な短縮を実現しています。

    参考:スマートグラスで現場DX、物流業務を改革した京セラの取り組みに迫る – 株式会社アウトソーシングテクノロジー

     

    2.作業のデジタルトレーニング「トヨタ自動車」

    日本の最大手自動車メーカーであるトヨタ自動車では、修理メンテナンスやトレーニングといった領域にMR技術を導入しています。配線図だけでは分かりづらい部品やコネクターの配置をMR技術を使って支援しているのです。

    また、配線に関する情報を目の前に一括表示するなど、エンジニアの声を開発に落とし込みながら現在も改良を続けています。さらに、新型車の特長や新機能の習得やメンテナンス、修理のトレーニングにもMR技術が活用されています。

    参考:トヨタが挑戦するxRを活用したもっといいクルマづくりとサービス提供:Unity道場 自動車編(1/3 ページ) – MONOist

     

    3.新人研修のデジタル化「KFCコーポレーション」

    ファストフードチェーン店のKFCを運営する「KFCコーポレーション」では、VRを用いたゲームによって新人研修のデジタル化を図っています。

    恐ろしいギミックが用意されたキッチンからの脱出が目的のゲームで、チキンの揚げ方を習得するまでは部屋から出られません。同社は研修にVRゲームを組み込むことで、研修プロセスのスピードアップと潜在的な無駄の省略を目指しています。

    参考:ケンタッキーが「フライドチキンを揚げる方法」を学ぶまで部屋から脱出できないVRゲームを研修に導入、まるでデスゲームでも始まるかのような異様な雰囲気 – GIGAZINE

     

    4.デジタル採用イベントの開催「伊藤忠インタラクティブ」

    伊藤忠グループの中でもITとマーケティングに特化する「伊藤忠インタラクティブ株式会社」では、Webアプリケーションの開発などを行う「フェンリル株式会社」と合同でデジタル採用イベントを開催しています。

    2022年度新卒内定者向けのワークショップをVR空間で実施したことで話題となりました。

    構築できる「VR VENUE」をリリースしたのに伴い、VRを用いた2022年度新卒内定者向けのワークショップを開催しました。同社は今後も新世代の内定者と共に新たな価値を創出し、採用活動における選択肢の幅を広げていくとしています。

    参考:伊藤忠商事新卒内定者×伊藤忠インタラクティブ「VR VENUE」、VRを活用した「次世代採用イベント」創出プロジェクト10月25日始動!

     

    5.商品陳列の最適化「アクセンチュア」

    世界52カ国、200都市以上に拠点を持つ大手コンサルティング企業のアクセンチュアは、視標追跡機能を搭載するVRソリューションを開発しました。同技術は消費者の視線をトラッキングし、店舗における商品陳列の最適化を図るための技術です。

    調査の結果、多くの消費者は「新商品は高い位置に陳列されている」と認識していることが分かり、陳列を見直したところブランド全体の売り上げが「18%」アップしたとしています。さらに、VRを活用した仮想店舗を構築することで、有益な消費者調査を広範囲に実施できるとして今後の活用が期待されます。

    参考:仮想現実(VR)マーチャンダイジング|アクセンチュア

     

    6.バーチャル店舗の設置「 三越伊勢丹」

    日本における百貨店売上高第1位の小売業グループである「三越伊勢丹ホールディングス」では、VRを活用したスマホアプリを開発してバーチャル店舗を設置しています。同アプリでは、仮想空間上の伊勢丹にアバターを用いることで実際の商品が購入できる仕組みです。

    また、商品の購入だけでなく、他の利用者ともコミュニケーションを図ることができ、ECとは異なる新たな顧客体験につなげています。今後は実在する店舗の販売員をモチーフとしたアバターを登場させるなど、バーチャル店舗上の接客にも力を入れていくようです。

    参考:新たな顧客体験の提供を目指す VR(仮想現実)を活用した三越伊勢丹の新たな試み | モノ×デジタル戦理論 – 日経ビジネス電子版 SPECIAL

     

    7.食品3Dモデルの販売「大丸松坂屋百貨店」

    老舗百貨店の「大丸」と「松坂屋」を運営する大丸松坂屋百貨店は、世界最大級のVRイベントの「バーチャルマーケット6」で「バーチャル大丸・松坂屋」を出店しています。また、同イベントでは新たな取り組みとして「食品3Dモデル」の販売をスタートしました。

    来店者は食品3Dモデルを直接手に取って商品の形状を確認したり、実際に購入したりすることも可能です。VRならではの演出で食品の魅力を表現し、お客様の利便性の向上につなげている好例といえます。

    参考:大丸松坂屋百貨店が「バーチャルマーケット 6」に出店|「飛び出すバーチャルカタログ」で夏のグルメを期間限定で販売!

     

    8.キャンプの疑似体験「京王電鉄」

    日本の大手私鉄の1つである「京王電鉄」は、京王線新宿駅でVRを活用したキャンプの疑似体験イベントを開催しました。同イベントでは、有名アウトドアブランドのグッズを使ったキャンプの疑似体験だけでなく、観光や登山で有名な高尾山の近くにあるホテルの眺望を360°映像での視聴もできます。

    VR体験を通して新たなライフスタイルを提案し、キャンプや高尾山エリアでの過ごし方」を身近に感じてもらうことを目的としています。

    参考:京王線新宿駅イベントスペースにて「VRでキャンプ体験!in 京王新宿」を開催します!

     

    9.シューズのデジタル試着「小田急電鉄×NTTドコモ」

    日本の大手私鉄である「小田急電鉄」と日本最大手の移動体通信事業者の「NTTドコモ」はシューズのデジタル試着を通じたARイベントを開催しました。同イベントでは、スマホを使って実際に販売されるシューズをデジタル上で試着でき、新たな価値体験の創出につなげています。

    また、新宿のまちづくり活動への貢献も目的としており、デジタルと現実世界を融合させた新たな街の実現を目指す事例の1つです。

    参考:新宿西口ハルクでAR靴試着&癒やしの「氷の惑星」体験、14日まで開催 – ケータイ Watch

     

    10.デジタルサイネージによる提案「LGディスプレイジャパン」

    液晶ディスプレイの製造と販売を行う「LGディスプレイジャパン」は、新たなブランド体験を実現する「次世代デジタルサイネージプログラム」の提供を開始しました。

    メルセデス・ベンツ日本が展開するブランド発信拠点の「Mercedes me Tokyo(六本木)」で同プログラムが提供され、デジタルサイネージによる提案が実際に行われています。実際に車体に触れ、実店舗で説明を受けているような感覚を体験できるのが特徴です

    非接触でのブランド体験を通じて、商品理解と次のアクションにつなげる次世代の試みといえます。

    参考:博報堂プロダクツとLGディスプレイ、メルセデス・ベンツのショールームに次世代サイネージプログラム提供|企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine(クリエイタージン)」

     

    XRビジネスが拡大する可能性は高い

    現在はまだXR技術を活用する企業は限定的であるといわざるえません。しかし、将来的にはXR技術を活用してビジネスを構築する企業は増えていくと予想されます

    そのため、XR技術の活用が自社を取り巻く市場や顧客のニーズにどのような影響を与え、変化していくのかに注視しなければなりません。今回ご紹介したXRの概要や導入事例などを参考に、新たなビジネスモデルの構築へとつなげてみてください。

     

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから