【初心者向け!!】OpenSeaでNFTを買う手順を図解付きで解説します!

Openseaは豊富な種類のNFTを取り扱っています。また、検索方法も容易で自分に合ったNFTをすぐに見つけることができるでしょう。

さらに、OpenSeaではガス代を抑えられるSeaportに移行予定であったり、アプリを利用することができたりとさまざまなサービスを展開しています。そこで、本記事では初めて利用する方に向けてOpenSeaでNFTを購入する手順をご紹介していきます。

 

NFT

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    OpenSea(オープンシー)の5つの特徴

    OpenSea(オープンシー)には次の5つの特徴があります。

    • イーサリアム以外のブロックチェーンに対応している
    • 世界最大規模の取引量を記録している
    • NFTの作成から販売まで対応している
    • 一部は日本語に対応している
    • 売買プロトコルSeaportに移行を予定している

    ここでは、特徴ごとの詳しい内容を解説します。

     

    1.イーサリアム以外のブロックチェーンに対応している

    OpenSeaはイーサリアム以外にも、マティックやクレイトン、テゾスなどのブロックチェーンにも対応しています。近年ではイーサリアムを使うことが増えすぎたことから高額のガス代が発生するケースが増えています。

    しかし、OpenSeaは他のブロックチェーンを利用できることから、取引時のガス代を下げることが可能です。

     

    2.世界最大規模の取引量を記録している

    OpenSeaは月間20万人を超えるアクティブユーザーを抱える世界最大規模の取引ができるプラットフォームです。2022年1月9日は過去最大取引となる2億6100万ドルを記録しており、今後もさらに需要が高まることが予想されています。

    利用者が多い理由は扱うNFT作品が豊富であることが主であり、アートや音楽ゲームなどのキャラクターなどさまざまな種類を見つけることができます。

     

    3.NFTの作成から販売まで対応している

    OpenSeaのユーザーが多いのはユーザビリティの良さも挙げられます。 NFTの作成から販売まで面倒な手続きがなくスムーズに行うことができるのが大きな特徴です。

    さらに無料でNFTを作成することができるのも大きなメリットだといえるでしょう。

     

    4.一部は日本語に対応している

    OpenSeaは一部ではあるものの、日本語に対応しています。基本的な操作は日本語に対応しているため、それほど不便を感じることはないでしょう。

    また、英語の部分もGoogle翻訳などを利用すればその意味を理解できるでしょう。

     

    5.売買プロトコルSeaportに移行を予定している

    OpenSeaは、売買プロトコルSeaportに移行を予定しています。ガス代を抑えられるのはもちろんのこと、取引後に要する署名も簡潔にすることが可能です。

    さらに、1つのNFTアートにオファーをすることができるなど、さまざまなメリットが追加されます。

     

    OpenSeaでNFTを買うまでの5ステップ

    ここからは、OpenSeaでNFTを買うまでの次の5ステップをご紹介します。

    1. 国内取引所に登録する
    2. 日本円を入金してイーサリアムを購入する
    3. MetaMaskを準備する
    4. イーサリアムをMetaMaskに送る

    それぞれの内容をみていきましょう。

     

    ステップ1.国内取引所に登録する

    まず、国内の取引所で無料口座開設をします。主な国内の取引所は次の3つです。

    Coincheck Coincheck NFT(β)を使える他操作方法簡単で初心者でもおすすめ
    DMM Bitcoin 無料の手数料が多い他口座開設時に2,000円を受け取れる
    GMOコイン 手数料が無料であることが多い

    国内取引所の登録方法ですがメールやパスワードを登録し、二段階認証を設定します。名前や住所などの基本情報を入力し最終的に写真を撮影して完了です。

    引用:Coincheck(コインチェック)

    こちらはCoincheckの画面ですが、このように住所を確定するために本人確認ハガキを転送不要の簡易書留郵便で郵送してくることもあります。

     

     

    ステップ2.日本円を入金してイーサリアムを購入する

    取引所で日本円を入金することによってイーサリアムを購入します。 販売所からイーサリアムを選択し、購入金額を入力して購入をタップします。

     

    ステップ3.MetaMaskを準備する

    OpenSeaを利用する場合はMetaMaskと呼ばれるツールが必要になります。このツールは仮想通貨やNFTを管理するウォレットです。 MetaMaskはGoogle Chromeの拡張機能となっているため、拡張機能に追加するだけで活用できます。

     

    ステップ4.イーサリアムをMetaMaskに送る

    MetaMaskのダウンロードが終わったら、イーサリアムをMetaMaskに送ります。

    ステップ5.OpenSeaにMetaMaskを接続する

    最後のステップとしてOpenSeaにMetaMaskを接続してきます。

     

    OpenSeaにおけるNFTの買い方

    OpenSeaにおけるNFTの買い方は次の流れになります。

    • 欲しいNFTを検索する
    • 購入するNFTを決定する
    • 支払いの申請をする

    それぞれの内容をみていきましょう。

     

    1.欲しいNFTを検索する

    OpenSeaはNFTの取扱量は世界最大級であるため、さまざまなNFTを見つけることができます。まずは欲しいNFTを検索していきましょう。

    アートや音楽などのカテゴリー、価格や取引数などのソートを使って自分の欲しいアイテムを探せます。もしアイテムが決まっている場合は検索窓を使って検索をすることも可能です。

     

     

    例えばアートを選択すると、アート関連のNFTが表示されます。

     

     

    価格順に並び替えもできます。

     

     

    2.購入するNFTを決定する

    NFT検索していく上で購入するNFTを決定していきます。購入するNFTを決める前に詳細画面d絵価格やガス代など、詳細をもう一度確認するようにしてください。

     

     

    特に、ガス代は取引をするタイミングによっても変わりますので、ガス代が高いと感じるようであれば少し取引する時間をずらしたり、他のブロックチェーンを利用する方法もあります。

    すでにウォレット接続している場合は自動的にウォレットが起動されます。

     

    3.支払いの申請をする

    ウォレットが起動したら支払いの申請をしていきましょう。ガス代を合わせた最終的な料金が表示されるので問題なければ購入申請に進んでください。少し時間がかかりますが例えば自分のウォレットにNFTが反映されるので確認をするようにしましょう。

     

    OpenSeaの買い方に関するQ&A

    OpenSeaの買い方において多く質問があったものを抜粋しました。ぜひ参考にしてみてください。

     

    Q1.OpenSeaはクレジットカード決済に対応している?

    OpenSeaはフォレストカードで決済をすることができません。決済をする方法はイーサリアムなどの仮想通貨のみとなっています。クレジットカードを使う場合は他のプラットフォームを使うようにしましょう。

     

    Q2.Polygonチェーンで購入する方法は?

    OpenSeaではPolygonを使って取引ができます。イーサリアムよりもガス代がはるかに安い特徴があり利用する人が増えています。

    Polygonは国内取引所では購入できないので、国内取引所を経由することによって海外取引所で購入しなければいけません。購入をできたら、MetaMaskにPolygonのネットワークやトークンを追加していきます。Polygonにおいてのネットワークにて、トークンを移動させる必要があります。

     

    Q3.OpenSeaのガス代の相場とは?

    イーサリアムで取引をするたびに必要なガス代ですが、常に変動するために固定された相場というものがありません。ガス代はOpenSeaではなくイーサリアムブロックチェーンがどれだけ使われているかによって決まるため、予測ができないものです。

    あくまで一例ではありますが、目安として参考にしてください。

    • 出品時 4,295円
    • 購入時 1,450円

    ガス代は取引の内容によって変動するため、常に確認しましょう。1日の中でもガス代は変わるので、もし高いとかんじたら少し時間をおいてから取引をする方法もあります。

     

    Q4.OpenSeaのアプリは売買できますか?

    2021年9月にOpenSeaに対応しているアプリがリリースされました。iOSとAndroidの両方に対応しているため、誰でも利用できます。しかし、アプリでNFTを決済できないので、注意が必要です。アプリでは出店されているNFTを確認したり自分で保有しているNFTコレクションを確認するのが目的です。

     

    Q5.OpenSeaはどんなNFTを買えますか?

    OpenSeaは世界最大十の取引量であることが特徴であり、あらゆるNFTの取り扱いがあります。音楽やアート、スポーツ、ゲームといった幅広いジャンルや、最新のNFT、高額のNFTなどさまざまなNFTを扱っています。

     

    OpenSeaの買い方まとめ

    OpenSeaでの買い方ですが、国内取引所で無料口座開設をします。次にイーサリアムなどの対応している仮想通貨を購入し、ウォレットであるMetaMaskを開設し、仮想通貨を送金したあとOpenSeaに接続をするといった流れです。

    OpenSeaは世界最大級のNFTの取り扱いを誇っており、どのようなNFTであっても購入できます。検索方法も簡単で、アプリのサービスも展開しています。

     

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから