【初心者向け】NFT投資とは?収益を得る方法やリスクなどをわかりやすく徹底解説します!

「NFT(Non-fungible Token)」とは、日本語で「非代替性トークン」と呼び、ブロックチェーンを活用することでデータに唯一性や希少性といった資産価値を持たせる技術です。このNFTの仕組みを活用した新しい投資手段が「NFT投資」です。

近年、投資家を中心に注目を集めていますが、登場したばかりの投資方法であるがゆえに概要や運用方法などを理解していないという方は少なくありません。当記事では、NFT投資の概要や収益を得る方法、リスクなどを解説します。

NFT

    必須会社名
    必須 お名前
    必須メールアドレス

    NFT投資とは?

    NFT投資とは暗号資産の仕組みを活用し、NFT関連の暗号資産やNFTから生まれるコンテンツに投資することで利益を得る投資手段です。誕生してから日が浅く、発展途上の技術であるNFTですが、現在急速に市場が拡大しています。

    市場拡大によって今後もマーケットプレイスやNFT作品の数は増えることが予想されているため、それにともなってNFT投資を行う人も増加していくでしょう。

     

    NFT投資で収益を得る3つの方法

    NFT投資で収益を得る方法として次の3つが挙げられます。

    • 関連する暗号資産に投資する
    • マーケットプレイスに出品された作品に投資する
    • 自身のNTT作品から売却益を得る

    それぞれ詳しくみていきましょう。

     

    方法1.関連する暗号資産に投資する

    NFTに関連する暗闘資産に投資することで収益を得られます。例えば、代表的なNFT関連の暗号資産である「エンジンコイン」はNFT市場の拡大とともに価格が高騰し、誕生以来ずっと10円程度だった価格が2021年には約390円増の400円代にまで上昇しています。

    NFT市場が拡大・普及し盛り上がりを見せると、それに比例してNFT関連の暗号資産も上昇する傾向にあるため、将来性を見極めて投資しておけば、値上がりした際に収益を得ることが可能です。

     

    方法2.マーケットプレイスに出品された作品に投資する

    NFTには非代替性と呼ばれる希少性があるため、価格が上昇する可能性が高いです。そのため、マーケットプレイスに出品されている作品に投資(購入)しておき、値上がりしたタイミングで売却すれば利益を得られます。

    近年は音楽やアートだけでなく、チケットやトレーディングカードなど、様々なアイテムがNFT作品として登場しており、利益を得られる可能性はさらに広がっているといえるでしょう。

     

    方法3.自身のNTT作品から売却益を得る

    アートや音楽など自分で作品を作成できるスキルがある場合、自身の作品をNFTに紐づけて販売して売却益を得る方法もあります。作品作成のスキルがなくても、プロに依頼・作成してもらった作品をNFT化すれば、上記と同じ運用方法で収益を得ることも可能です。

     

    NFT関連の暗号資産を選ぶ際の4つのポイント

    NFTにおける3つの課題

    NFT関連の暗号資産を選ぶ際のポイントとして次の4つが挙げられます。

    • 特徴やサービス内容から選ぶ
    • 時価総額から選ぶ
    • 海外の専門家予想やランキングから選ぶ
    • 実際にサービスを利用して選ぶ

    それぞれ詳しくみていきましょう。

     

    1.特徴やサービス内容から選ぶ

    NFT関連銘柄には、特定のゲーム内で使用できる暗号資産やブロックチェーン上でアプリやゲームを開発できるタイプなど、様々な種類の暗号資産があります。「エンジンコイル」がマインクラフト内で使用できることから話題となった他、エンジンコイルを基盤とした仮想空間プロジェクトとして「MyMetaverse」などがあります。

    MyMetaverseを活用したゲームとしては「グランド・セフト・オート(Grand Theft Auto)」などがあり、これらの有名ゲームで利用できるものは需要が増して価格上昇しやすいです。特徴やサービスの内容をしっかりと確認し、将来性が見込めるものを選ぶ必要があります。

     

    2.時価総額から選ぶ

    NFT関連の暗号資産を選ぶ際に重要なのが時価総額です。時価総額が高いほど取引量が多く人気の高い暗号資産となり価格が安定しやすく、値上がりしやすいとされます。

    時価総額は「通貨価格×暗号資産発行枚数」で算出できるため、関連銘柄を選ぶ際は時価総額に伸びしろはあるのか、時価総額ランキングに入っているかなどを確認するとよいでしょう。

     

    3.海外の専門家予想やランキングから選ぶ

    暗号資産の大半は海外で登場し、有力なものが日本の取引所で上場され、普及していくのが一般的な流れです。したがって、海外の方が日本よりも暗号資産の最新情報をいち早くキャッチできるため、海外の情報を積極的に取り入れるとよいでしょう。

    インターネットを活用すれば、海外の専門家予想やランキングを確認できるため、これらの情報をもとに銘柄を選ぶのも手段の1つです。

     

    4.実際にサービスを利用して選ぶ

    ゲームやデジタルアートなど、NFTは幅広い分野でサービスが提供されています。情報や資料をもとに推測しても、体験しないとわからない部分も多いです。実際にサービスを利用したり、遊んだりしてから銘柄を選ぶとよいでしょう。

     

    NFT投資における3つのリスク

    NFT投資のリスクとして次の3つが挙げられます。

    • 法整備が追いついていない
    • 手数料負担が増大する可能性がある
    • 大きな価格変動が起こる可能性がある

    それぞれ詳しくみていきましょう。

     

    1.法整備が追いついていない

    NFTはデータの塊にすぎず、無体物には所有権が認められません。このような背景もあってNFTに対する法整備は追い付いておらず、NFTの仕組みを悪用した詐欺被害が多発しているのが現状です。

    NFT市場の拡大・普及にともなって、徐々に整備されていくことが予想されていますが、法整備がおいついていない現時点では自分で身を守る必要があります。

     

    2.手数料負担が増大する可能性がある

    NFTはイーサリアムブロックチェーンを利用しているため、NFTの取引量が増えれば比例して取引手数料(ガス代)も高騰し、手数料負担が増大する可能性があります。

    投資対象としてNFTを活用する場合、手数料負担が増大すれば、その分利益の減少につながるため、取引手数料も加味しながら運用していかなければなりません。

     

    3.大きな価格変動が起こる可能性がある

    NFT市場が拡大・普及し注目度が高くなるほど、NFT関連銘柄の価格は乱降下しやすくなります。暗号資産は価格変動(ボラティリティ)が大きい分野です。

    したがって、NFT関連において投資家心理にかかわる材料が加わると、大きな価格変動が起きる可能性があり、場合によっては思わぬ損失を被る恐れがあります。また、NFTが利用しているブロックチェーンであるイーサリアムの価格変動がNFT銘柄に影響する可能性もあるため、関連分野の動向は常にチェックしておかなければなりません。

     

    NFT投資における価格上昇の要因

    NFT投資の価格上昇要因として次の3つが挙げられます。

    • 米国を中心として急速に拡大している
    • 大手企業の市場参入
    • 有名人の市場参入

    それぞれ詳しくみていきましょう。

     

    米国を中心として急速に拡大している

    米国を中心に市場が急速に拡大しているのがNFT投資の価格が上昇している要因です。2021年7~9月には類を見ないほど急成長しました。

    DappRadarが公開した市場レポートによれば、7~9月期のNFT取引高は4~6月期の約704%増の約106億ドル(約1兆円)、さらに前年同期と比較すると約3万%増成長したそうです。類を見ない勢いで急成長しているNFT市場ですが、発展途上の市場であるため、今後もさらに市場拡大していくことが予想されるでしょう。

     

    大手企業の市場参入

    ITやゲーム関連企業だけでなく、他分野の大手企業も続々と市場参入しています。例えば、アディダス オリジナルスは2021年にNFT限定コレクションをリリースし、ナイキも同じく2021年にNFT市場に参入しました。

    大手企業の市場参入は、各業界や企業に大きな影響を与えるため、今後も幅広い業界の企業が参入し、NFT投資の価値を高めていく可能性があります。

     

    有名人の市場参入

    有名人のNFT市場参入もNFT投資の価値を上昇させている要因の1つです。日本では村上隆氏が「RTFKTスタジオ」のNFTプロジェクト「アバター・プロジェクト」に参加しました。

    また、海外ではスヌープ・ドッグ氏や元NBAプレイヤーのシャキール・オニール氏などがNFTへの参入を表明しています。有名人がNFT市場に参入したことで、一般消費者にもNFTが認知されたともいわれています。

    有名人の市場参入が進めば、ファン層もNFTをはじめることが予想されるため、新しい客層を取り込みながらNFT市場はさらに拡大していくでしょう。

     

    新しい投資対象として可能性を秘めている

    NFT投資は暗号資産の仕組みを利用した投資方法です。誕生してから日が浅く、発展途上の技術ではあるものの「米国を中心として急速に拡大している」「大手企業の市場参入」などの要因から急速にNFT投資の価値が上昇しています。

    今後もさらなる市場拡大していくことが予想され、多くの投資家が注目していることから、新しい投資対象としての可能性を秘めています。ただし、「法整備が追いついていない」「手数料負担が増大する可能性がある」など、リスクもゼロではありません。

    したがって、NFT投資を行う場合はリスクとの折り合いをつけながら上手く運用していく必要があります。

     

    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから
    全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
    5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
    資料請求はこちらから