【用語解説】51%攻撃問題

51%攻撃とは、悪意ある集団や個人がブロックチェーン上における取引承認権を独占し、不正な取引を行う行為を意味します。ブロックチェーンは多くの取引履歴を1つのブロックにまとめて保存し、容量が一杯になると次のブロックが生成されます。

そして、1取引履歴の真正性を検証するためにマイニングが行われるのです。しかし、ブロックチェーンは「最も早くマイニングをした人に新たなブロックを繋げる権利が与えられる」という絶対的なルールがあります。

ただし、複数のブロックが同時に生成された場合はブロックチェーンが一時的に分岐し、短いブロックチェーンは最終的に削除します。この仕組みを悪用した51%攻撃は不正なブロックチェーンを分岐させ、正当なブロックチェーンよりも長くすることで、不正に取引を承認するのです。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから