【用語解説】AirDrop(エアドロップ)

AirDropとは「エアドロップ」と読み、さまざまな取引所で開催されるイベントで自社によって発行した暗号資産やトークンを無料で配布するイベントのことです。

資金調達を目指す企業などが発行するトークンの知名度を高めるために、このエアドロップが利用されるケースが多くなっています。

エアドロップへの参加条件はプロジェクトの主体側で決められ、代表的な例として「特定の通貨の保有」や「SNSで特定の投稿をする」といった条件を設ける場合が多いです。

ただし、多くのエアドロップは海外の取引所で開催され、国内の取引所で実施されることはあまりありません。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから