【用語解説】コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは直訳すると「合意方法」となり、データの真正性を担保するための「ルール」を意味します。

暗号資産を例に挙げると、ブロックチェーン上に情報を記録するには「承認作業」が必要です。複数の承認作業者によって同時に計算し、データの正当性が検証できると初めて新たなブロックに情報が記録されます。

しかし、複数の承認作業者の答えが相違した場合、何が正解なのかを決めなければなりません。その際に自動で正しい答えを決めるためのルールこそが、コンセンサスアルゴリズムなのです。

ブロックチェーンのように中央管理者が存在しない分散化されたネットワークにおいては、正確な取引データを維持するためのコンセンサスアルゴリズムが欠かせません。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから