【用語解説】コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンとは複数の管理主体が存在するブロックチェーンです。ブロックチェーンにはコンソーシアムチェーン以外にも「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」があり、2つの中間的な役割を果たします。

コンソーシアムチェーンは特定多数の管理者によって非公開なデータ処理を実行する場合が多く、合意形成にかかるスピードは維持しながらも透明性を担保できます。

そのため、複数の企業が協力して構築するブロックチェーンなどに活用されるケースが多く、3種類の中では最もセキュアなシステムの構築が可能です。ただし、他社と協力して導入するには、管理方法や共有方法などの具体的な検討が必要です。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから