【用語解説】DID

DID(Decentralized Identity)とは、Web3.0の実現に向けて開発された分散型のID管理システムです。非中央集権のため、データの保有者自身が管理できます。

中央集権型の場合、企業などが管理者となっているため、データ保有者はデータをすべて管理できないのが一般的です。しかし、非中央集権であればデータの保有者がすべて管理できるため、企業などが個人のデータを利活用したい場合に保有者が強化した範囲でしかデータを利用できません。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから