【用語解説】電子署名

電子署名とは、データ化された電子文書におけるサインや印鑑に相当するものです。ただし、紙文書とは異なり電子文書は直接的に押印したり、サインしたりといったことができません。

そこで、電子文書は電子署名の仕組みを使って「文書が署名者のものであること」と「内容に改ざんがないこと」の2つを証明します。具体的には、認証局(CA)と呼ばれる第三者機関で本人認証と審査を経て発行される「電子証明書」を用いて信頼性を証明するのです。

ちなみに、ブロックチェーンでは公開鍵暗号技術による電子署名によって相手との安全な取引を実現したり、台帳情報の共有によって取引の透明性とプライバシー保護を担保したりしています。

関連記事:電子署名とは? 仕組みについてわかりやすく徹底解説します!

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから