【用語解説】NFTアート

NFTアートとは、デジタルコンテンツに「一点モノの価値」を付けられるNFTの技術を活かし、代替不可能としたデジタルアートのことです。これまでもデジタルアート自体は存在していましたが、複製が容易であることから資産価値は無いに等しい状態でした。

しかし、NFT技術によってデジタルアートの所有者はもちろんのこと、取引に関するすべての情報を記録や確認ができるようになったのです。その結果として、デジタルアートが資産価値を持ち、オンライン上での取引が可能となりました。

資産価値を持ち、再販可能なNFTアートは世界中から注目を集めており、投資家からは投資対象としてその需要を高めています。

関連記事:NFTアートとは何か? | ブロックチェーンが変えるデジタルアートの在り方

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから