【用語解説】P2P(ピートゥピー)

P2Pとは「Peer to Peer」の略称で、不特定多数の端末がサーバを介すことなく、端末同士で直接データをやりとりできる通信技術やソフトウェアを意味します。P2Pの仕組みはファイル共有ソフトで多く利用されていました。

しかし、ビットコインを始めとする暗号資産の取引を支える仕組みとして採用されたことで、一躍脚光を浴びたのです。ビットコインはこのP2P方式を用いることで、中央管理者を設置せずとも安全に運用されています。

さらに、正しい取引を承認して過去から一連の取引を記録してつなげるというブロックチェーンと併用することで、整合性と信頼性のいずれも担保されてます。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから