【用語解説】プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは、通貨の「保有額」と「保有期間」によってブロックを生成できる確率が高まるコンセンサスアルゴリズムです。コンセンサスアルゴリズムとは、データの真正性を担保するための「ルール」を意味します。

PoSの形式をとるブロックチェーンを攻撃しようとした場合、流通する通貨の過半数を保有し、長期間保有し続けなければなりません。さらには、自分が保有する通貨の価値も下げかねないため、安全性の高いコンセンサスアルゴリズムであるといえます。

また、ブロックの生成はマイナー同士の競争ではなく、ランダムに決定されるため作業ハードルが低く、個人でも参加可能です。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから