【用語解説】プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは、世界初の暗号資産でもあるビットコインやその他のアルトコインでも多く採用されているコンセンサスアルゴリズムです。コンセンサスアルゴリズムとは、データの真正性を担保するための「ルール」を意味します。

ビットコインのように中央に管理者が存在しないブロックチェーンにおいて「二重支出」への対策としてPoWは開発されました。二重支出とは、すでに使用したビットコインを再利用することを意味します。

デジタル技術の1つであるビットコインなどは理論上では複製が可能であり、複製が起きてしまうと通貨としての価値を失いかねません。この二重支出を防ぐのがPoWなのです。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから