【用語解説】プライベートチェーン

プライベートチェーンとはネットワークへの参加に承認が必要なブロックチェーンのことです。プライベートチェーンは参加者に限りがあることから、参加者の総数を把握でき、悪意を持つ参加者が含まれる可能性を下げられます。

また、複数の参加者によって合意形成が取られるため、他の種類のブロックチェーンに比べて処理速度が早い傾向にあります。ただし、​プライベートブロックチェーンは中央管理者への信頼で成り立つシステムであるため、データ改ざんなどが起きる可能性を否定できません。

さらに、コンセンサスアルゴリズムの変更が容易であることから、永続的なデータ保存には向かないといえます。

関連記事:【ブロックチェーンとはそもそもなに?】ブロックチェーンについて深掘りしてみた

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから