【用語解説】Ring Signature

Ring Signature(リング署名)とは、暗号資産を用いた決済の際に単独ではなく、グループ単位で電子署名を行う仕組みのことです。従来の決済では署名時の送信アドレスからハッキングされるリスクがありました。

Ring Signatureを活用すれば署名時のアドレスはすぐに変わるため、ハッキングリスクを抑えられる他、送金時に個人を特定される心配がありません。そのため、セキュリティ性が担保されており、安全性の高い決済が行えます。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから