【用語解説】セグウィット

セグウィットとは、ブロックチェーン上に記録される取引データの量を圧縮し、小さくする方法のことです。取引データの圧縮は、1ブロックあたりに記録できるデータ量を増加させ、取引処理の高速化にもつながります。

そのため、セグウィットは暗号資産の取引量が増えることで、データ処理が追い付かなくなるスケーラビリティ問題を解決する方法の1つともいえます。

ただし、セグウィットの導入はブロック内部の構造変更を要するため、マイナーからの反発を受ける可能性があります。反発を受ければ承認作業の停滞を引き起こす点には注意が必要です。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから