【用語解説】UTXO(ユーティーエックスオー)

UTXOとは「Unspent Transaction Output」の略語で、日本語では「未使用トランザクションアウトプット」と訳します。ブロックチェーン上に記録された取引データのみに基づいて計算し、ウォレットの残高を管理する方法を意味します。

通常の金融機関が採用する「通帳」のような残高をそのままデータとして管理する形式とは異なり、取引データのみから残高を計算するのです。UTXOを採用する主な暗号資産として「ビットコイン」や「クアンタム」が挙げられます。

用語解説
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから
全記事一覧 連載記事 アクセス上位記事 おすすめ記事
5分でわかる!!NFTの基礎まとめ資料配布中!!
資料請求はこちらから